忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
八戸のちょっとわかりづらい場所にあった、天狗山神社



彼がどうしても猿田彦神社のお札がほしいというのでついて来たんだけど。



でも、社務所のような形跡は残ってても人の気配なし。



ただ、辺り一面ひっそりしてて、山鳩の声が聞こえるのみ。
天狗が息を殺して潜んでいそうな気配はあった。



かわいそうに



震災の影響なのかな、この子の相方行方知れず。
泣きそうな顔にも見える。



こっちの狛犬は、がーっと



牙むいてる。



こっちのは、おちゃめなかんじ。



ソフトクリームみたい。

PR
先週参拝した、櫛引八幡宮のつづき。
国指定重要文化財、春日杜。



つけもの石?



いやいや、こちら重軽神。
願いをこめて参拝し、この石(重軽神)を持ち上げてみて、それが重く感じたらその願いが叶わないんだって。
「アラブの石油王に見初められて・・・」と、頭をよぎったが神様に鼻で笑われそうなのでやめといた。



ででんでんでん、本殿でん♪



ここで、特に気になったとこは



鷹にメドツ・・・メドツ?
メドツって、河童のことらしいが



スマホカメラの限界。何がなんやら???



よーく見ると、鷹が爪で河童を押さえ込んでるのがうっすら確認できた。
これほんと、説明読んでみないとよくわからないとこだった。



こっちのスライムみたいなのは、なんだろ?



かつて八戸大火の際、白狐がここから出て本殿の周囲を廻り災いを伝えたという。



はじめての櫛引八幡宮、なんの予備知識も無く来てしまった事をあとで後悔。
ひとまず今回は国宝は拝まず、次回訪問時のたのしみにとっておこうと思った。



つぎは、御朱印帳持参で☆
先週天気のよき日に、南部藩ゆかりの総鎮守、八戸の櫛引八幡宮に行ってみた。



立派な拝殿。
でも、個人的にいちばんの注目はこっちの方。



にんっ!お稲荷さん参上。



巻物くわえて、にんにんっ!
赤頭巾でおめかし。尻尾がぷっくり、かわいいー。



がるるるる、狛犬さん。
りりしく、雄たけびあげてる。前足が立派。



龍のぐるぐる巻き灯篭。
こっち見てる狛犬の顔が、青空球児・好児の「ゲロゲーロ」言う人に見えてきた。



これが、ひょうたんのやり方か・・・。



後光がまぶしすぎる、明治天皇像。
かなり骨太とみた。



この明治記念館は以前、図書館としても使われてたという。すてき☆
こちら、県内に現存する洋館で最も古いとか、何かに書いてたような。ぼやっとした豆知識。



櫛引八幡宮(2)につづく→コチラへ。
久しぶりの廣田神社



で、毎月15日に人形供養感謝祭を執り行っているということをはじめて知った。
人形の受付は毎日だそうで、1件(10体)お気持ち5000円~とのこと。
なるほど、覚えておこう。

さて、毎度まいどのことですがおみくじ引いてみた。



末吉かぁ・・・。
でも、納得する内容だな。結果ばかり急いでしまうとこ、私よくないとこ。
こころしておく。



久しぶりの蕪島神社
まだ再建に向けて動き出したばかりみたい。



火事で全焼してから、なんとなく足が遠のいていた。
実際に目の当たりにすると、階段の先には何もなくて、すぐ空だ。
頭すれすれの高さを人懐っこくうみねこが元気に飛び交ってたのが、さいわい。

1月1日の青森市、2度目の善知鳥神社



おみくじを引いたら、そう悪くない。吉だった。
●買 物 よいです。十分買うことです。
の箇所のみ、現在忠実に実行中。 



今年一年、よいことがありますように。
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[08/22 おやかた]
[07/25 おやかた]
[04/02 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]