忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1362] [1361] [1360] [1359] [1358] [1357] [1356] [1355] [1354] [1353] [1352]
久しぶりに「ワーキング・ガール」を見たが、何度見ても痛快!
面白かった。

<感想など>
○先ず、主人公をはじめ出演女性たちのファッション、ヘアースタイルに度肝抜かれる。
公開された80年代、90年代あたりも繰り返し見た作品なんだが、当時は大して意に介さず・・・が、時を経てあのセンスの異常さに気づかされるとは。平野ノラどころの話ではない。
○テス役のメラニー・グリフィス、上半身のボリュームのわりに足、細い。
で、スタイル抜群なのはよーくわかったが、「これでもかーっ!!」てくらい下着姿見せ付けられる。でもって、昔見たときなんとも感じなかったが、セクシー女優なマリリンちっくな声質。
○メラニー・グリフィスってこの作品以外よく知らず、個人的には忘れてた存在。
「アントニオ・バンデラスの嫁」っていうくらいの記憶しか残ってなかったが、そういやヒッチコックの「鳥」に出てたティッピー・ヘドレンの娘であり、ドラマの「マイアミ・バイス」に出てたドン・ジョンソンの元嫁(ワイドショー知識)。
○ハリソン・フォードがイケメンエリート役。そりゃあ今見て十分格好良いんだが、なぜかリチャード・ギアのパロディーっぽくエリートながらも薄っぺらく見えてしまう。仕事できそうに見えない。
○シガニー・ウィバーがやり手の女上司、敵役を振り切って演じてる。そこがもう潔い。骨折のシーンは何回見ても笑える。
○勝手に「THE脇役」と命名してるジョーン・キューザックが相変わらずのいい味出しまくってる。だが、この作品では時々、「ボーイ・ジョージか?」と見紛う。
○クズ男役、アレック・ボールドウィンが何よりのハマリ役。こういう役やらせたら右に出るものがいないかも。
○全体的にテンポがよくて、最後まで飽きることなくさくっと見られる。
下っ端で働く女性のサクセスストーリーがベースにあるが、笑いと恋愛の配合が丁度いい塩梅。このバランスが崩れるとくどくなって、お腹いっぱいになるとこをいいペース配分できてると思う。
○オープニング、カーリー・サイモンの曲が壮大で都会的だ。
とはいえ、ついつい脳裏に「姉さん、事件です!!」って言葉がよぎるのはこの曲の日本語バージョンが高嶋政伸主演のドラマ「ホテル」で使われてたせい。この映画のせいではない。

オススメ度:★★★★(4/5)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[07/25 おやかた]
[04/02 親方]
[04/02 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]