忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
先日、盛岡に遊びに行ったときに、もりおか歴史文化館で9月16日まで開催されていた「あやしきものども ~江戸の奇譚・怪談~」を見てきた。



子どもの頃、テレビ番組「お昼のワイドショー」のコーナー、「あなたの知らない世界」を見るのが楽しみだった私。あれ、お盆くらいの時期に放送されたんだよねー。
当時は、出演者の新倉イワオ(笑点の構成作家だっけ)・・・って名前見るだけで、なぜかおっかなかったわ。
それに、心霊番組といえばなにかと出演してた冝保愛子、あの人の顔見るだけでも怖かったよ。
懐かしいなぁ!!

と、まぁ、あの時のゾクゾクした恐怖感、あんなおどろおどろしい世界観を楽しみにしていったんだけど、期待してたものと違ってた。
巻物に描かれてた河童のあたまの、キューティクルが破壊されまくってるようなハリのない髪質が気になった。

あと、もりおか歴史文化館って駐車場がないので行きづらいかな。



もりおか歴史文化館
〒020-0023 盛岡市内丸1-50
TEL:019-681-2100
開館等:
4月~10月 9時~19時(2階歴史常設展示室への入場は18時30分まで)
11月~3月 9時~18時(2階歴史常設展示室への入場は17時30分まで)
休館:毎月第3火曜日(祝・休日の場合は翌日)12月31日~1月1日
PR
岩手県一関市にて、10日間有効の「共通入場券」を購入して観覧した企画展「木造観音菩薩像とその周辺」。
なんと、一部は写真撮影OK。



2018年10月に国重要文化財に指定された東川院所蔵の木造観音菩薩坐像、こちらを間近で拝めるだけでも来た甲斐あり。
企画展の開催は、9月23日(月・祝)まで。



一関市博物館
〒021-0101  岩手県一関市厳美町沖野々215
TEL:0191-29-3180
開館:9:00~17:00
休館:月・年末年始

共通入場券なるものを手にした父と私は、芦東山記念館にも足を延ばしてみた。



このときの企画展は『けものたち-近くて遠い一関の獣民-』(現在は終了してます)。
うさぎ、鹿、イノシシやら、一関界隈に住んでいるとおぼしき獣たちのはく製を間近にしたその数時間後、実物のクマに遭遇するとは!!!!
兎にも角にも、ここで予習したことが役に立ったというわけである。



芦東山記念館
岩手県一関市大東町渋民字伊勢堂71-17
0191-75-3861
営業時間 通常 9:00~17:00
定 休 日 毎週月曜/12月29日~1月3日
一般 300円/大学生 200円/高校生 200円/中学生 100円/小学生 100円



先月法事があって訪れた岩手県一関市にて、「共通入場券」なるものを購入し、父を連れまわしていろいろと散策&観覧してきた。
ちなみにこの共通入場券、10日間有効のもの。
観覧できるのは一関市博物館、芦東山記念館、石と賢治のミュージアム、大籠キリシタン殉教公園の4つの施設。で、500円也。

といっても私たちに残された時間は半日くらいしかないので、強行スケジュールで3つの施設を巡ってきた。そのうちのひとつ。



石と賢治のミュージアム、こちらは晩年の宮沢賢治が技師として働いたという東北砕石工場に関連したもの、その名が示す通り石を沢山展示してあった。
石好きにはたまらないだろう。
しかし、体調すぐれない賢治が出張して歩く様子なども伺えてすこし胸が痛んだ。
サラリーマンはつらいよなぁ。

それはそうと、父を車椅子に乗せてあげようと思ったんだがこちらの施設にある車椅子のタイヤの空気が抜けてて使い物にならず、自分で歩く気がない父、全くここの施設見れてない。
ま、あんまり興味なさそうだったからいいけどね。

なんでも、工場の方はいま工事中で見学できないようだったが、来年には見学再開の予定だとどこかに書いてあった。
興味ある方は、来年を待って行ってみては?



石と賢治のミュージアム
岩手県一関市東山町松川字滝ノ沢149−1
0191-47-3655
09:00-17:00(毎週月曜、年末年始 祝日の場合は翌日休み)
大人 300円、高校生 200円、大学生 200円
同い年の彼が漫画界のレジェンド・松本零士を知らないということに衝撃を受けた。
そういうわけで、七戸町の鷹山宇一記念美術館で開催中の「松本零士展」は昨日ひとりで行ってきた。
ちなみに、去る12日には本人が来場し限定100名のサイン会があったらしい。
サインもらえた人、羨ましーわ!!



で、森雪とメーテルが似てるとか、すごい目ヂカラだとか、そういうのはこの際どーでもよい。
松本零士の画力、魅せられた。圧巻。
忘れてたけどストーリーのスケールのでかさ、よくもまぁこの世界を子どものころ夢中になって見てたもんだ、と。
セル画や初版本のほか、手塚治虫の語る松本零士との出会いエピソードなども面白かった。
個人的には、ダフトパンクの「One more time」のMV素材を見たかったんだけど、なかった。
残念。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FOREVER YOUNG::ディスカバリー [ ダフト・パンク ]
価格:1435円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)




松本零士展」は、9月9日(日)まで。
一般の入館料は850円なんだけど、ローソンのLoppiなどで650円の前売り券を購入すればちょっとだけお得だよん☆



♪銀河鉄道999/ゴダイゴ
これは、ほんと名曲だね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデン☆ベスト ゴダイゴ [ ゴダイゴ ]
価格:3085円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


弘前市立博物館にて7月16日まで開催の「歌川国芳展」に行ってきた☆



いや~、参った。
「相馬の古内裏」のガイコツも確かにすごいんだけど、武者絵の構成力と躍動感は半端ない!



もともと画力がある人なんだろうが、普通にありふれた作品では満足しないんだろう。
明らかに笑いをとりに言ってる作品など、国芳のユーモアと反骨精神に感服した。
見応えあって楽しかった。
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 16
18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[11/05 おやかた]
[10/23 おやかた]
[10/04 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]