忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
盛岡天満宮(御朱印あり)」のつづき。

なんせ狛犬のインパクト大なもんだから、ほかを見過ごしそうなんだけど・・・
いやちょっと待て。
この拗ねたような牛は何だ?



「撫牛」だそうで。
撫牛とは、自分の身体の病んだ部分や具合の悪い部分をなでたあと、その牛の身体の同じ箇所をなでると、悪いところが牛に移って病気が治るという俗信であり、風習である。
(Wikipediaより)
ことしは乳がん検査ひっかかったので、お乳を撫でたかったんだけど。
この牛のお体勢じゃ、ムリ!
なので、目と顔中心に撫でまわしてきた。

それと、お稲荷さん・・・。
鷲か?



いや、尻尾あるしなぁ。
なんだか妙に悪い目つき。



嫌いじゃないぞ。
奈良美智の絵みたい。
PR
8月の連休中、盛岡天満宮へ参拝しにやってきた。
こちらは、石川啄木が学生時代散策してたとかいう場所。
小高い丘に位置しており、盛岡の街を一望できるナイスビューだ。



「合格祈願」とあるように、菅原道真公を祀っているとのこと。
だがしかし、ここでは何はともあれ先ずは狛犬にご挨拶を。









阿吽のほうは若干、ざこば師匠っぽい。
輪郭がそう思わせるのか?鼻がそう思わせるのか?
とにかく今まで見てきた狛犬の、どれとも特徴が合致しない。
ただ、いやし系であることは確かだ。



御朱印にも、狛犬のスタンプが!!

つづきは→コチラ
8月、盛岡をぶらぶらと散策中に寄り道。



櫻山神社へ。
こちら、烏帽子岩のある神社。岩の写真、いっこも撮ってこなかったけどね。



ところで、ここでおみくじを引いたら頗る悪いことが書かれてた。
「欲張るな」と神様に叱られたようだった。
どうやらここへ来るまでに散々、「宝くじが当たりますように」と願掛けしたのがバレたらしい。



盛岡藩初代藩主、南部信直がモデルなの?
なんぶくんという謎のキャラクターが書いてあるお守りをゲット。
地元の名士もこんな愉快なキャラクターにされるとは!!



御朱印もいただいてきた。



もりおか開運神社」と称される榊山稲荷神社、先月参拝してきた。



数日前、宝くじのはずれ券を処分しようとしたところ1枚だけ削られてないスクラッチくじが出てきた。
早速削ってみた。まさか!?と思ったが、当たってた。
ご利益かな?



ま、当たったといっても、200円なんだけどね。

6月30日、八戸市四本松神社にて。



場所は県道45号線沿いの湊高台、びっくりドンキーのとなりで分かりやすい。
ハンバーグ食べながら気にはなってたんだが、今回が初めての参拝だった。



神社の名前の通り4本の松があったそうだが、山火事で焼失したらしい。



筋骨隆々、白目タイプの狛犬さんだ☆



やさしい雰囲気の御朱印をいただいた。
お手伝いの坊やからは、天皇の系譜が記載されたファイルと冊子などをいただいた。

八戸市の三嶋神社にて。



ここは針生検が終わった翌日、自分が癌ではないかと不安な気持ちのまま訪れた場所。
早速、おみくじをひいてみたら大吉。


疑いながらでも拝め。拝む内に分かって来る。ラジオの電波の様に、目に見えず、手にはとれぬが、神様は厳としてそこにおわします。其御光が、其御いずが、拝む人の心の琴にはひびいて来る。さし込んで来る。神様のおかげは、拝む人の身体に集まって来る。

と書いてあった。
神様なんていないと思う私の心を見透かされたようだが、その言葉に救われたような気もした。
しかも、「病気」の欄には「信神すれば治る」とあった。



結果的に癌ではなかったが、これからも疑いつつも拝んでみることにする。

時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 16
18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[11/05 おやかた]
[10/23 おやかた]
[10/04 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]