忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
平内町でぶらぶらと道草。
白鳥の飛来地、浅所海岸という名前の場所へ。
「アサドコロカイガン」と読むらしい。後で知ったが。

白鳥・平内町

ほんと、白鳥がいっぱい。
水際まで近寄ってきてた。
鳴き声はロバに似ている。「バルタザールどこへ行く」という映画を思い出した。

白鳥

でも、餌をもっていないと分かるとすぐに遠のいてった。

PR
先月、八戸市にある水産科学館マリエントに行ってみた。



これ↓を見に!!



『奇怪あなたの知らない世界』、展示は8月26日までで既に終了してる。
思ったよりこじんまりしてたけど、文化祭っぽい手作り感漂うディスプレイが昭和感たっぷりで、ナイスだった。



ゲソクムシ、でかいだんご虫みたいだったわ。



ヌタウナギ、これ「鉄腕DASH」で見たことあるやつ。
そのほか、新聞やニュースでも見た白いウニの展示もあった。

入館料おとな300円也。
駐車場の場所、ちょっと迷った。建物の入り口を探すように行けばよいかな。
それとマリエントから蕪島神社の再建の様子も伺えた。
知らなかったが、時々夜の水族館などイベントを開催してるみたいだ。
また何か面白そうな展示があれば、行ってみたいと思う。






ひとりでここへ来るのは、ほんとに久しぶり。
誰に気遣うことなく、ひとりの時間を満喫。館内をなん往復したことか?
津軽こけし館、ここで 何も買わないで帰ることはできない。
(買ったもの→コチラ参照)

で、今回のお気に入りをピックアップしてみた。



斎藤徳寿工人の作品。
こういうの、好きだわ~。
元気っていう前掛け?よだれ掛け?のやつ、父の病室に置きたいわ~。



小南三郎工人の作品。
薄ら笑いのやつ、私に似てるかも。



山谷レイ工人の作品。
これはかわいい!!!雑貨好き女子におすすめ。

七戸町から黒石市方面へ向かう道中、突如として現れる異様な風景があった。
硫黄の匂いが恐山のようで独特の雰囲気。



そこは、地獄沼



近くに酸ヶ湯温泉があった。

7月16日まで開催の「歌川国芳展」を見に、久しぶりに弘前市へ。
弘前には滞在時間は3時間程度であったが、せっかくなので国芳展の弘前市立博物館からすぐ近くにある弘前城植物園まで足を延ばしてみた。



入園料は大人310円也。
この時の見どころはバラくらいか。お客さんもまばら。



日本庭園があったが、どこかで聞こえる鹿威しの音がなんて表現したらいいかわからんが、ストライクゾーンに入ってないデッドボールみたいな音で風情もなにもなく、そういうところ手入れされてないのか少し残念。
広々とした敷地に季節がマッチしてない野放図な庭園コーナーをひたすら歩いてみて、なんだか疲れた。
やはりこちらは、桜の季節に来るべし・・・ってことか。

6月、母と歌川国芳展(→コチラ参照)を見に弘前市に来た際についでと言っちゃあなんだが藤田記念庭園に寄り道。
この日は入園無料デー。通常は大人、310円也。



弘前出身の実業家、藤田謙一氏の元別邸なんだそうで面積が21,800㎡と広々。
手入れの行き届いた日本庭園、特にこの時期は花菖蒲が見事だった。



カフェや茶室などもあったが、時間があまりなくて外観だけみて帰る無念。
弘前はもうちょっと時間をかけて歩いてみたいものだとつくづく思う。

時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 12
13 15 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[11/12 あさみ]
[10/27 ハル]
[09/02 ハル]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]