忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1463] [1462] [1461] [1460] [1459] [1458] [1457] [1456] [1455] [1454] [1453]
昨日みた写真集。

ヒロシマ 消えたかぞく』。
昨日の読売新聞に掲載されていた本。
この微笑ましい表紙の写真に興味を持った。「見たい」と思った。
夕方、図書館に返却する本があったので、返しに行ったら偶然にもこの本が夏休みの児童書を紹介するコーナーに置いてあったのでさっそく読んでみた。
原爆投下前、戦争中であっても、広島の町には笑顔にあふれた家族の日々の暮らしがありました。散髪屋さんである鈴木六郎さん一家の6人家族も、少しの不安はあったかもしれませんが、毎日笑顔で楽しくくらしていました。お父さんの鈴木六郎さんは、カメラが趣味。たくさんの家族写真を撮りためていました。
あの日。1945年8月6日。
一発の原子爆弾がヒロシマのまちに落ちました。
六郎さん一家は全滅しました。(本文より)
あの日、この一家のお母さんが命からがら親戚の家にたどり着いた後、家族の死を知って自ら命を絶ったという。
幸せな家族写真と原爆がもたらした悲劇的な結末のギャップ。
寝苦しい夜と相まって眠れなくなるほど胸が締め付けられた。

もちろん、戦争や原爆について考える機会になる1冊なんだけど
愛情に満ち溢れた家族写真(特にネコと映った写真がどれもすごくかわいい!!)が本当にステキ。昭和のありふれた日本の風景、写真集としても秀逸。
文章は短く、押しつけがましく反戦を訴えるでもなく、読みやすかった。
英文入りなので、外国の人にもぜひ手にとって見てもらいたい本。
これを世に出した作者、出版社にあっぱれだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 16
18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[11/05 おやかた]
[10/23 おやかた]
[10/04 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]