忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5]
こんな悲しい状況でいうのもなんだが、キャプションに突っ込みたくなるわ。
米人気歌手て。

[21日 ロイター] - 「パープルレイン」などのヒット曲で知られる米音楽界のスーパースター、プリンスさんが21日、米ミネソタ州で亡くなった。57歳だった。
地元警察によると、プリンスさんは同州ミネアポリス近郊の自宅を兼ねたスタジオのエレベーターの中で意識不明の状態で発見された。救急隊員が蘇生を試みたものの、死亡が確認された。死因は調査中だという。当局によると、22日に検視が行われる予定。
芸能サイトTMZによると、プリンスさんは今月15日にインフルエンザの症状が悪化して入院していた。代理人は、プリンスさんが14日夜にインフルエンザによる体調不良を押してアトランタ公演を行った後、移動のため搭乗した自家用機の中で体調がさらに悪化したと説明。機体はイリノイ州モリーンに緊急着陸し、プリンスさんは現地の病院に搬送された。その後退院し、再び自家用機で自宅に向かったという。
各界から追悼のコメントが寄せられており、バンド「ローリング・ストーンズ」のボーカル、ミック・ジャガーさんは、プリンスさんが「革命的」で過去30年間で最もエキサイティングなアーティストの一人だったとし、「彼の才能は無限だった」とコメントした。
オバマ米大統領は「われわれの時代で最も素晴らしい才能を持った、多くの作品を残したミュージシャンだった」と述べた。
1980年代にプリンスさんと共演した歌手でパーカッショニストのシーラ・Eさんは「胸が張り裂ける思い。言葉もない。アイ・ラブ・ユー!」とツイートした。
音楽テレビチャンネルMTVは、追悼の意をこめてロゴを紫色にした。
プリンスさんは1958年6月7日、プリンス・ロジャーズ・ネルソンという名前でミネアポリスに生まれ、1970年代末に人気歌手となった。グラミー賞を7度受賞、アカデミー賞の栄冠にも輝いた。これまでの売り上げは1億枚以上に上る。2004年にはロックの殿堂入りを果たした。
私のプリンスグッズ、1992年のツアーパンフ。



学生の時、行きたくて行けなかったプリンスの来日公演。
そののち、代々木公園のフリマでゲットしたやつ。当時価格、1000円也。
ニューパワージェネレーションって、懐かしい。アルバム2枚持ってるわ。

↓これ、プリンスの楽曲で好きなやつ。



シンニード・オコナーが歌ってるんだけど、プリンスの曲なんだよね。
Nothing compares 2Uってタイトル、まんま私にとってのプリンス。唯一無二。



クリームって曲。私がいちばんプリンスにはまってた頃の1曲。
プリンスのキモさとエロがポップな楽曲で緩和されてていい塩梅なんだが、私の周りの人たちはキワモノ扱いで敬遠。だから、あんまり大っぴらにプリンスファンって公言できなかったなぁ。
ま、プリンスの曲って、途中志村けんぽくなったり、最終的に絶叫して壊れる曲(KissやRaspberry beretなど)も多いし、万人受けしなさそうだしなー。
それにしても、いまもこうしてTVやラジオのニュースで死去の報に触れたとしても、まだなんだか夢みたいで実感なし。
デビッド・ボウイとかモーリス・ホワイトが亡くなったときより、全く受け入れられない自分にびっくりだよ。
嘘みたいなニュースだけど、これも現実なんだね。
ご冥福をお祈りします。合掌。
PR
びっくり。
なに、この衝撃のニュースは!!!
AP通信によると、プログレッシブ・ロックの英人気バンド「エマーソン、レイク&パーマー」の創設メンバーでキーボード奏者だったキース・エマーソン氏が米カリフォルニア州サンタモニカの自宅で死亡しているのを日本人のパートナー、カワグチ・マリさんが11日未明に発見した。71歳。死亡日や死因は不明。
 エマーソン氏は1944年11月、英国生まれ。70年にバンド「エマーソン、レイク&パーマー」を結成し、キーボードを担当。ロックにシンセサイザーを導入、クラシックやジャズを取り入れるなどプログレッシブ・ロックの中心的存在として活躍し、71年のアルバム「タルカス」は全英1位に輝いた。
 TMZなどによると、同氏は神経性の障害で右手の2本の指が動かず、最近はうつ状態だった。4月には来日公演があり、それに先だって21日には日本のテレビ局に生出演する予定だった。
 エマーソン氏は4月14日にビルボードライブ大阪で、同月17~19日にはビルボードライブ東京で「キース・エマーソン・バンド featuring マーク・ボニーラ」として公演を行う予定だったが、中止となった。(スポニチアネックス 3月12日(土)12時13分配信 )
4月来日公演予定されてたなんて、悲しすぎる。



EL&Pっていえば「タルカス」。すみません、これしか知りませぬ。
いや、ほんとにジャケ、かっこえぇ!!!!
名盤100選とかあれば、これ必ず入ってるやつ。家にはありませんが、すみません。
プログレは、ピンクフロイドとキングクリムゾンをかじる程度なもんで。
失業予定の自分が心配するのもなんだが、残されたメンバー、どうすんだろう。
ひどいよ、キース・エマーソン。

タルカス +1 [ エマーソン、レイク&パーマー ]

タルカス +1 [ エマーソン、レイク&パーマー ]
価格:2,324円(税込、送料込)


キャプションの「5人目のビートルズ」って表現、どうなんだろ?
そこは違うだろ。と、個人的には突っ込んでおきたい。
 「ザ・ビートルズ」の作品をほぼプロデュースしたことから「5人目のビートルズ」と呼ばれた英音楽プロデューサーのジョージ・マーティンさんが亡くなった。90歳。9日、海外メディアが報じた。(スポニチアネックス)
この記事で一番びっくりしたのは、90歳ってとこ。
ジョン・レノンは40歳で時が止まってしまったことを思えば、感慨ひとしお。
そうは言っても、生まれた時にはすでにビートルズも解散してたんで、ビートルズ関連にさほど思い入れもない。レコードもCDも持ってるけれど。
とりあえず、ジョージ・マーティンってイギリス紳士のイメージ。もう、勝手にそうに違いないと思ってる。よくは知らないけど。
チープ・トリックやアメリカの曲もプロデュースしてたはず。これまた詳しく知らないけど。

そんな私がリアルタイムで体感したジョージ・マーティンの編曲っていえば、これ。



セイ・セイ・セイ」、PVも秀逸。
サウンドはもろに80年代前半。「カーマは気まぐれ」とか、「カモン・アイリーン」みたいなこの当時、確実に売れる曲調。
そりゃそうと、ほんと大きなお世話だがマイケルの顔、この時がいちばん完成度高い。
ここで終わりにしとけば・・・なんてさ。ラトーヤ然り。
あぁ、タイムマシーンがあればこの私めがあんなこともこんなことも、マイケルに忠告してやるっつーのに。
・・・あ。はなしがジョージ・マーティンから完全に逸脱。

さようなら、ジョージ・マーティン。
もうひとりの5人目のビートルズ、ビリー・プレストンも天国で待ってると思うよ。
米バンド「アース・ウインド&ファイアー(Earth, Wind and Fire)」の創設メンバー、モーリス・ホワイト(Maurice White)さんが3日、米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)の自宅で死去した。74歳だった。弟のバーダイン(Verdine White)さんと同バンド広報が明らかにした。
モーリスさんは長年にわたり患っていたパーキンソン病により、バンドのツアーには参加していなかった。同バンドのメンバーでもあるバーダインさんは4日、フェイスブック(Facebook)への書き込みで、「私の兄でヒーロー、そして親友のモーリス・ホワイトが昨夜、眠っている間に安らかに亡くなった」と発表した。
 1970年代に「セプテンバー(September)」や「シャイニング・スター(Shining Star)」「アフター・ザ・ラブ・ハズ・ゴーン(After the Love Has Gone)」「ブギー・ワンダーランド(Boogie Wonderland)」などのヒット曲を生み出した同バンドは、ファンクとR&Bをポップにアレンジすることによって人種の垣根を超えた人気を博した。【翻訳編集】 AFPBB News
ショックだ。
体調が良からぬことは知ってても、生きてさえいてくれればと願ってたのだよ。
それだのに、ナタリー・コール、デビッド・ボウイ、グレン・フライ、今度はモーリス・ホワイト。
天国でフェスでもやるっつーのか?神様、勘弁してくださいよ!!



どうよ?このセンス!
EW&Fの曲でいちばん好きな、「セプテンバー」。
モーリス・ホワイトのステージアクションというか、奇妙なクネクネダンスはミック・ジャガーに匹敵するほど強烈な個性だと思う。なんていうか、どっか恰好悪いんだよね。けど、どーしても目が離せないんだな!で、フィリップ・ベイリーと声が重なるとそりゃあもう、鬼に金棒、グルーブってこれなんだ☆って膝叩いちゃうわよ。
悪趣味な金ぴかのコスチュームとか、大げさなリズムセクションとか、この人たちならではの味なんだよね。クール&ザ・ギャングとも、スライ&ザ・ファミリー・ストーンとも違う、なんとも言えない妙な雑味。

さようなら、ありがとう、モーリス・ホワイト。
今週はパワープレイで聴きまくるぞ。
 「ホテル・カリフォルニア」などのヒット曲で知られる米人気バンド「イーグルス」のグレン・フライが1月18日、ニューヨークで亡くなった。67歳だった。バンドの公式ホームページ(HP)で発表された。(スポーツ報知)
ヤフーニュースの見出し見て、違和感。
「イーグルスのフライさん死去」・・・フライさんて!
不謹慎かもしれんが、揚げ物みたい呼ぶのがしっくりこないのよ。耳馴染みないって。
グレン・フライはグレン・フライ。フライさんと呼んでもピンと来ないわ。
死ぬなんてまして思ってもみなかった。若く、ダンディーなイメージだったから。
私、イーグルスのメンバーで一番好きだったんだよなぁ。
曲は、♪New Kid In Townが好き。



イーグルスっていうと「ホテル・カリフォルニア」。ドラムたたいて歌うドン・ヘンリーのしわがれ声のイメージ大だけど、グレン・フライの声がコーラスワークに溶け込むようなこの曲が私の中ではいちばん。
で、ソロ時代の曲だったら、商業ベースにどっぷり感があるけど、印象的なのはこれかなぁ。



懐かしい!!「ビバリー・ヒルズコップ」って映画の主題歌だよ。
サウンドトラック、ダビングしたやつをカセットテープで持ってた(今も家にある)。
久しぶりに全部聴きたくなったよ。
なんか、ここんとこ訃報続きでいやになるね。
ジョー・ウォルシュとか、お元気かしら?

さようなら、グレン・フライ。


それはそうと、ドン・ヘンリーの声明文が泣ける。↓
彼は僕にとって兄弟やほとんど家族のような存在でした。そして家族にはよくあるように、うまく行かないこともありました。しかし、45年にわたり築いてきた絆が切れることはなく、イーグルスが姿を消していた14年の間でさえも存在していたのです。我々2人は、同じ夢を持ってロサンゼルスにやって来ました。音楽業界に爪跡を残すために。そして忍耐と音楽への愛、また他の素晴らしいミュージシャンやマネージャーのアーヴィング・エイゾフと組んだことにより、我々は誰もが夢にも思わなかった程、息の長い活動を続けてこられたのです。しかし、すべてはグレン・フライから始まりました。彼が点火プラグであり、彼にはアイディアがありました。グレン・フライにはポップ・ミュージックに対して百科事典のような知識を持っており、常に勤勉さを失いませんでした。彼は面白く、頑固で、頭の回転が速く、寛大で、才能に溢れた信念の人でした。彼は奥さんと子供たちを何よりも愛していました。今、我々はみな、驚きと、信じられない気持ちと、心の底からの悲しみの中にいます。我々は7月末に、2年に及ぶ『ヒストリー・オブ・ザ・イーグルス』ツアーを華々しく終わらせたばかりなのに、彼はもういません。運命をいうものを信じていると断言はできませんが、1970年にグレン・フライとの出会いは、自分の人生を決定的に変え、そして地球上の大勢の人々の人生に影響を与えることにつながりました。彼のいない世界で生きていくのはとても変な感じがすると思います。でも私はこれから毎日、自分の人生において彼という存在があったことに、感謝の気持ちを持ち続けるでしょう。安らかに眠ってください、兄弟。君は目指していたことを叶え、さらにもっと多くのことを成し遂げたね
あと、ドン・フェルダーのコメントも。
グレンの死が信じられず、ショックの状態にあります。まったく予期していなかったことで、悲しみに満ちた心境にわたしを取り残すことになりました。彼は若く、素晴らしい才能にいまだ溢れていました。とてつもなく才能に溢れたソングライターであり、アレンジャーであり、リーダーであり、シンガーであり、ギタリストでした。皆そう思ってるでしょうし、彼はそれに応えることができ、即座に“マジック”を生み出すことができる人だったのです。彼の楽曲や歌詞へのヴィジョンと洞察は伝説的なものとなっていて、この先何十年もの間、絶えず認められることになるでしょう。
1974年にイーグルスに加入するように誘ってくれたのがグレンでした。彼のすぐそばで長い間、一緒に仕事をして過ごすことができたのは人生の贈り物です。グレンは愉快で、強く、寛容で、優しい人でした。兄弟のように感じていましたし、兄弟のようだからこそ食い違うこともありました。でも、そうした難しい時でも、なんとか僕らはマジカルな楽曲を作ることができましたし、素晴らしい思い出や素晴らしいレコーディングやライヴを生み出すことができたのです。彼のステージでのカリスマ性は世界中のたくさんの人に知られ、愛されてきました。笑いと歌とパーティとハグと兄弟のような絆に満ちた旅を、僕らはかなりの距離やってきたのです。
グレンはバンドのジェームス・ディーンでした。方向性を探している時のリーダーでしたし、バンドで最もクールな男だったのです。僕らの間の問題に一緒に取り組んだり、話したりすることができないと思うと大変悲しくなります。悲しいことに、もうその機会はないのですね。この星は偉大な人を、偉大なミュージシャンを失いました。誰も彼の代わりなんて務められないでしょう。安らかに、グレン。そして、君と遺族に神のご加護がありますように。
私、殊の外グレン・フライの死に衝撃を受けてるらしく、頭の中ずっとグレン・フライの曲でパラレル状態。デビッド・ボウイのおくやみ以上に引きずってる。
自らの音楽を変革しながら、世界の音楽やアートを刺激し続けた英国人ロック歌手デビッド・ボウイ(本名デビッド・ロバート・ジョーンズ)さんが10日、死去した。69歳だった。ツイッターなどの公式アカウントで11日、公表された。がんのため18カ月にわたり闘病していたという。69歳の誕生日だった今月8日に最新アルバム「★(ブラックスター)」をリリースしたばかりだった。ポップカルチャーに影響を及ぼし続けた伝説的歌手の突然の訃報(ふほう)を、各国メディアは衝撃をもって伝えた。(朝日新聞デジタル)

あー、もうだめ。
夜、寝れないかも・・・。うそ、寝れるだろうけど、どよーんと目覚める。
デビッド・ボウイのいない世界なんて。



あー、やっぱりかっこいいな。
「ブルー・ジーン」、今聴くとなんてことない曲。
なのに、小学生当時の私はこれでデビッド・ボウイに胸を撃ち抜かれた。
今だったら断然、「スターマン」とかのが好みなんだけど・・・。
あー、もう思考回路がぐだぐだ。
お風呂はいって、寝るだけなんだけどな。
さみしいな。泣きそう。
さようなら。
合掌。

時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
6 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[10/04 おやかた]
[08/30 おやかた]
[08/27 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]