忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1356] [1355] [1354] [1353] [1352] [1351] [1349] [1348] [1347] [1346] [1345]
クリスマスなので、「素晴らしき哉、人生」をみた。
30年くらい前に1度みたきりで、「こんな作品だっけ?」と思いながらも最後には号泣。
アメリカ国内では毎年この季節に繰り返し見る映画といわれるのも納得の、古きよき時代の映画だった。

<感想など>
○クリスマス映画の定番。
○主人公、ジョージの人物紹介が長くだらだらと進み途中飽きそうになるが、終盤の展開は面白い。
○物語の方向性はだいたい察しはつくのだが、わかっていてもまんまとやられてしまう。そこがフランク・キャプラ監督の巧さか?この監督の作品、「スミス都へ行く」も同類。
○この時代のアメリカの良心、善人役をやらせたらジェームス・スチュワートの右に出るものはいないと思う。
○ところが、昔みたときはなんとも思わなかったが、ジョージ、結構な暴言吐いててびっくり。
自暴自棄になったときの行動に同情の余地なし。飲酒運転事故など、言語道断。
○感動映画ではあるが実際問題、親族経営の難しさに気づかされる場面も・・・。
叔父さんにはつくづく呆れるが、つい先日、ATMで財布置き忘れたこと思い出した。
その点、他人事にも思えず。
○嫁役、ドナ・リードが美しくも健気。世間では、こういう嫁ほしいと思うんだろうなー。
○戦争や世界恐慌などの時代背景、児童虐待、経営危機、物忘れ、自殺問題など、これでもかっていう困難やネガティブ要素満載。それらを全てひっくり返すエンディングは映画ならでは。
現実には「金持ち=悪、心が貧しい」「貧乏=善人、心が豊か」ってわけじゃないけど、こういうわかりやすい展開は見ててスッキリする。

オススメ度:★★★★☆(4.5/5)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[07/25 おやかた]
[04/02 親方]
[04/02 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]