忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1351] [1349] [1348] [1347] [1346] [1345] [1344] [1343] [1342] [1341] [1340]
最近読んだ本。

森下典子の『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 』。
黒木華主演で映画化された作品。みてないけど、先生役はたしか樹木希林だったか。
図書館に出かけた日、ちょうど新聞の1面一番下の広告に載ってたのでそれがたまたま目に入り、借りて読んでみることにした。
自分自身、茶道についてまったく知識なく知らない世界。ほんとうにこの作者同様、堅苦しくどこか古臭い、そして面倒な作法というステレオタイプのイメージしかなかった。季節を五感で感じる独特の世界観に興味は沸いたけど、茶道やってみたいとは残念ながら思わなかった。
しかしこの本、茶道のことを描いていながら作者自身の人生の記録をさりげなくぶちこんでいる。共感できる点がいくつもあって面白かった。
就職も恋愛も他の人と比べて自分だけうまくいってない、どこにも居場所がないって感じるような状況。就職氷河期といわれる時代に生きた作者とバブルはじけた時代に思うように就職できなかった自分、へんに生真面目すぎて不器用なところなど他人事には思えなかった。
個性を重んじる学校教育の中に、人を競争に追い立てる制約と不自由があり、厳格な約束事に縛られた窮屈な茶道の中に、個人のあるがままを受け入れる大きな自由がある……。
いったい、本物の自由とはなんだろう。
そもそも、私たちは今まで何と競っていたのだろう?
学校もお茶も、目指しているのは人の成長だ。けれど、一つ、大きくちがう。それは、学校はいつも「他人」と比べ、お茶は「きのうまでの自分」と比べることだった。
<本文より>
印象的だったのは第11章、実父があっけなく亡くなる場面。
作者が強調していたのは、
「会いたいと思ったら、会わなければいけない。好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない・・・」
つまりは一期一会ということ。考え方はシンプルなことだけど、実際自分では何かににいい訳ばかりして、できていないことに反省。
この間読んだ本もそう感じたが、父がガン闘病中の今このタイミングでこの本を手に取り、読んでよかったとつくづく思った。

そして、ただひとつ難癖つけるならば。
物事を最初から理解できないパターンのひとつとして、フェリーニの映画「道」を例に取り上げていたところ。あれは齢を重ね、初めて感動を覚える作品である、と。
中1か2で見たあの映画、私などは名作であるっていう予備知識ガッチリで見たせいもあって、みた後しばらく尾を引くようなずっしりとしたもの悲しさは初見から十分感じ取れた。
個人的には「道」だけがフェリーニの、唯一といっていいほど真っ直ぐ見られる作品だと思うんだが。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]