忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1386] [1385] [1384] [1383] [1382] [1381] [1380] [1379] [1378] [1377] [1376]
黒澤明監督の映画、ベネチア国際映画祭グランプリ作品「羅生門」をみた。

<感想など>
○所詮人間なんて自分の都合のいいように解釈しがちなんだなぁと、人間の嫌な部分をまざまざと見せ付けられるような作品。それでも最後には救いがあった。
○登場人物が少ないゆえ、キャスティングが絶妙。
○何より三船敏郎の所作、一つひとつの動きがすごいと思った。
○志村喬がただ歩いてるだけ、千秋実が無言でただ立っているだけでも十分な説得力。
○京マチ子の存在感が不気味。笑い方、泣き方がいちいち癪に障る。
○墨絵のような世界が最後まで途切れない。黒澤映画の雨って、やっぱり印象的。
○ところで、国際的にも評価が高い作品なんだが、途中で寝てしまうこと5回(!!)。
黒澤作品、自分にとってのベストワンは「用心棒」ってことで変わらず。

オススメ度:★★★(3/5)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
6 8 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[10/04 おやかた]
[08/30 おやかた]
[08/27 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]