忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1413] [1411] [1406] [1410] [1409] [1408] [1407] [1405] [1404] [1403] [1402]
若きポール・ニューマン主演の映画、「傷だらけの栄光」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アウトレット品】傷だらけの栄光【洋画ドラマ】
価格:4104円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

楽天で購入



<感想など>
○札付きの不良青年がボクシングと出会い、家庭を持つことによって改心し、チャンピオンになるって目標を見出す。かつてのワル仲間からのあらゆる誘惑や妨害に苦悶しながらも奮闘するって話。
○まぁ、ストーリーが予定調和。
思ったとおりの着地点に収まってる。見た後モヤモヤしないってのが、いいんだか悪いんだか。
○この映画監督がロバート・ワイズだと気づいた時点で期待値高騰しすぎた。悪くはないが、「サウンド・オブ・ミュージック」や「ウエストサイド物語」で見せた程のドラマはない。
○とはいえ、手腕は確か。たとえば、幼児虐待シーンだけで家庭環境について充分伝わってくる。
そのほか、無駄な説明なく結婚やら出産やらもびっくりするくらいのテンポでストーリーが展開する。そのリズム感は見てて心地よかった。
○この主演、ジェームス・ディーンが演じる予定だった(!)と。
車の事故で急死したため、ポール・ニューマンがその代役だと。
○そのポール・ニューマン、この作品見てもなんだかのっぺりしてて面白みがない。
○この頃のニューマン、マーロン・ブランドに似てる。
ブランドにもボクサー役で「波止場」っていう名作がある。当時、二者が比較されてたのも、なるほどわかる。
○ペリー・コモが甘くおおらかに唄いあげる主題歌はいかにも50年代っぽい雰囲気。
○どうでもいい話だがロッキーが母親に、今でいう「あごクイ」するシーンがあった。日本人ではこういうしぐさ、無理だな。
○度々登場するんで、ついついコーラフロートが飲みたくなった。
そうそう、ボクサー役なのに減量シーンなど一切なし。飲食自由のふしぎ。
○のちに主人公と結ばれるノーマ、粗野でぶっきらぼうな主人公のどこに惹かれたのかまったく不明。ストーカーっぽい行動も理解しがたい。
○だがこの嫁、終盤ではスポーツ選手の嫁として引退後の視野まで持った発言をする場面あり。
いつの間にか肝っ玉が据わってるんで驚く。
清原(元西武)、伊良部(元ロッテ)、高野(元ヤクルト)、奥(元横浜マリノス)・・・、スポーツ選手の引退後の姿をいろいろ思い出してしまった。
この映画の肝って、栄光のシーンではなく何気ない嫁のセリフにあったのか。

オススメ度:★★☆(2.5/5)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
6 8 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[10/04 おやかた]
[08/30 おやかた]
[08/27 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]