忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[430] [431] [427] [426] [425] [424] [423] [420] [422] [421] [419]
青森県立美術館へはこれで3度目。
1回目の企画展はシャガール、2回目はエジプト展(コチラ参照)。
で、今回は『光を描く印象派展 美術館が解いた謎』。

青森県立美術館

予めコンビニで前売り券を(1,000円で)買っておいて正解。
これが通常料金の1,500円だったらちょっと高いかな~、って思った。

印象派とはなんぞや?ってところから、どんな道具を使ってどこでどうやって描いたのかってゆうこの企画展、視点はどうしても「科捜研の女」っぽくなってしまう。
そして、今回思ったけど、私はただぼーっと作品を見るほうが好きなんだと気づいてしまった。

図らずもこの企画展によって、自分の好みの傾向を知ってしまっただけに来た甲斐はあった。

青森県立美術館

『光を描く印象派展』は、2011年10月10日(祝)まで。
ルノアールの作品「縫い物をする」の謎を、科捜研の女気取りで沢口靖子よろしく美術館で確認するってのはどうでせう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 3 4 6
11 13
14 15 16 17 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]