忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
これまた岩手銀行・中ノ橋支店同様、東京駅を設計した人による建物らしい。

盛岡信用金庫

盛岡信用金庫本店(旧盛岡貯蓄銀行)、外国で見かけるような重厚なつくりの建物。柱が印象的。
でもでも、建物のまわりを囲む電線が、ちょっとなぁ・・・。
PR
”もりおか散策MAP”に書いてあった、ござくってなんだ?
とりあえず行ってみた。

ござく

漢字でかくと、「茣蓙九」。
保存建造物指定になっているのも納得の風貌。

ござく

たわし、でかっ!!


 《茣蓙九(ござく)》 
 江戸末期から明治はじめにかけてつくられた商屋建築。
 白壁に瓦屋根の町家づくりで、当時の豪商の面影を残しています。
 現在も荒物や雑貨などを扱う商店として店を構えています。

 ■時間:8:30~17:30
 ■休日:日曜日                   (”もりおか散策MAP”より)
遠目から見ても趣があって、只ならぬ佇まい。



近づけば、国指定の”重要文化財”だと。



ここは、啄木・賢治青春館
石川啄木と宮沢賢治は岩手県ゆかりの偉人だが、ふたりをまとめて一緒にって!?
と、内心思いつつも入館料無料だったし、トイレもキレイだったし、雰囲気もよく結構満喫してきた。
おみやげはここの売店にて、てぬぐいを購入。
啄木のは367円、賢治のほう(雨ニモ負ケズ)は525円だった。
ぶらり盛岡を歩けば、ふと誰かの鋭い眼差しが・・・。



近づいてみる。



カーっ!!見事な金歯ですね。



フーっ!!
こっちの方は、”美木良介のロングブレス”中ですね。

今年の東北六魂祭、トリを飾るは開催場所である盛岡のみなさん。



私の席からは山車も後姿しか見えず!



ピンクのお召し物でたすき掛けの女性たちは、ミスさんさかしら?
これまた後姿のみ!



そう、結局は↑こんなふうに終始斜め後ろからの観覧だった。
それでもまだ、自分たちの陣地はましな方で、
「豆粒ほどのパレードすら見れなかった(・・・たまたま遭遇したご近所さん・談)」っていう人もいっぱいいたみたい。
それほど大勢の観客で賑わっていたってことか。

ちなみに、わたしら家族一行は、久しぶりの盛岡散策が楽しくて楽しくて、祭りより先についつい観光を優先してしまい、場所取りに遅れるという失態。
次回、東北六魂祭に来訪予定の方は、事前にパレードの場所を下見しといたほうがよいでしょう。

それから、気になったことがひとつ。
さんさ踊りが始まってすぐ席を立ち、祭りには目もくれず、大通りのパレードを追い越してぞろぞろと退散していく観客たちの光景は異様としか言い様がなかった。
地元の人もそうでない人も、最後まで応援してあげて!って思った。
派手な衣装を纏って、伊達武将隊現る。



↓これは仙台のすずめ踊り



仙台には2年間住んでいたけれど、すずめ踊りははじめて見た。
軽快なステップとしなやかな舞いについみとれてしまった。
かっこよかった☆
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 16
18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[11/05 おやかた]
[10/23 おやかた]
[10/04 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]