忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1298] [1297] [1296] [1295] [1294] [1293] [1292] [1291] [1290] [1289] [1288]
明け方、録画しといたフランス映画をひとつみた。
エリック・ロメール監督、ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞という「緑の光線」。


<感想など>
○いつもどこか会話がかみ合わず孤立していく情緒不安な主人公の女がバカンスをいかに過ごしたかを時系列に綴る静かな展開の映画。
○男がいなくて寂しいくせ周りの声に耳を傾けず、ひと一倍プライド高いデルフーヌを見ててイライラ。突然泣きだしたり、ただの面倒くさい女にしか見えなかった。
○80年代ファッション満載だが、出演者の服が肩から服が落ちるのがやけに気になる。デビュー当時のマドンナやバナナラマを彷彿させる。
○実はラスト15分眠ってしまい、あとで見直した。見直すほどの内容ではなかったが、監督の見せたかったのが最後のシーンなんだろう。
○デルフィーヌがやっと自ら行動を起こしたとはいえ、この性格じゃああの男と添い遂げるのも無理だろうな・・・と思いつつ、この不器用さって他人事には見えない。女って白馬の王子様なんていないと現実には思いつつも何かと夢見がち。誰の心にも大なり小なりの面倒なデルフィーヌ気質があるってことかもなー。

オススメ度:★(1/5)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 3 4 6
11 13
14 15 16 17 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]