忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1393] [1392] [1391] [1390] [1389] [1388] [1387] [1386] [1385] [1384] [1383]
マーティン・スコセッシ監督の「ケープ・フィアー」をみた。
この作品って、「恐怖の岬」っていうやつのリメイクらしい。


<感想など>
〇これは、ロバート・デ・ニーロまつりか。
スコセッシが野放しにしたんかい?やりたい放題。
キン肉マン消しゴム(R40)みたいなボディを「これでもかぁーっ!」ってくらい見せつけたかと思えば、その体には入れ墨でメッセージがびっしり。ストーカー的行動を起こすには自己主張強めなトロピカルシャツを着用など、途中からは恐怖心を追い越しデ・ニーロの一挙一動に釘付け。
〇とはいえ、最初からヤバさ100%のデ・ニーロに引っ張られたのは確か。大して劇的なストーリー展開があるわけでもないってのに、最後まで飽きることなく見られた。
〇肝心なクライマックスシーンが時折、円谷プロの特撮っぽい。
〇オリジナルの「恐怖の岬」に出演してたっていう、グレゴリー・ペックとロバート・ミッチャムが貫録のカメオ出演。
〇弁護士一家の娘役、ジュリエット・ルイスがあんな↑やりたい放題のデ・ニーロに引けを取らず堂々とした演技。思春期の揺れる感情を見事に表現してた。
当時は「なんでこの人、やたらと話題作に出れるんだろう?」と不思議だったが、今更謎が解けた。
〇弁護士の嫁役、ジェシカ・ラングって他に「郵便配達は二度ベルを鳴らす」くらいしか知らないが、この作品ではスタイリッシュなショートヘアが印象的。ただ髪型が素敵ってだけなんだけど。
〇ニック・ノルティ扮する弁護士にはあまり共感するとこはない。
〇恐怖心を煽るようなおどろおどろしい音。最初から最後までぶっ通しで、何やかんやうるさい。
〇この映画で一番怖かったのは、デ・ニーロがいないスカッシュのシーン。
何てことない、ただ、スカッシュやってるだけなんだけど。

オススメ度:★★★☆(3.5/5)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
6 8 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[10/04 おやかた]
[08/30 おやかた]
[08/27 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]