忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[378] [371] [376] [375] [374] [367] [373] [372] [368] [370] [366]
前に読んだ『作家と温泉 お湯から生まれた27の文学』に、つげ義春の項があってそれに紹介されてた本がこれ。



つげ義春の温泉」、手に持ってずしりと重みのある本だ。

名前くらいは知ってた。『ガロ』とか。読んだことなかったけど。
それくらいの知識で手をつけるべき本じゃなかったかも。

おどろおどろ系。
なんてったらいいのかわからんが、独特の世界観。
小学校にあがる前、いとこの家で『エコエコアザラク』を読んでしまったときとおんなじ感覚がよみがえった。

昭和40・50年代の鄙びた温泉の写真は、味があっておもしろかった。




 【結論】 開けちゃいけない扉だったか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
レトロな響き
エコエコアザラク。なんとも昭和を感じさせるキーワードですね。今もあるのでしょうかね。

しかし、なんとも悩ましい表紙の本ですね。開けなくても・・・という扉に私には見えました(笑)
岩手からこんにちは 2011/05/19(Thu) 編集
Re:レトロな響き
「エコエコアザラク」はどんな話だったか全く思い出せませんが、当時トイレに行くのが怖くなったおぼえがあります。
つげ義春は私たちより2回りくらい上の世代だとしっくりくるのかなぁ・・・と。なめねこ→キン消し世代の私にはピンとこなかっただけです。
 【2011/05/19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
6 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[10/04 おやかた]
[08/30 おやかた]
[08/27 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]