忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
最近よんだ本。



人生はZOOっと楽しい!-毎日が楽しくなる65の方法』。
動物写真と著名人たちの名言で構成されてる、「ココロがほっこりする」的な本。
でも、私の頭の中のライブラリー履歴には前にもこの手のタイプの本、読んだことあるなぁ・・・って印象。私持ってるやつは、ゴリラが表紙だったかな。タイトル忘れたけど。
まぁ、まっさらな気持ちで読んでみれば新社会人にはちょうどいいかんじの内容だわ。
新社会人ではない私には、だんだん尻すぼみっていうか、あまり心に響かないでおわり。
写真集として見るには、おもしろい。
PR
ざっくりと読んだ本。



菊池亜希子のおじゃまします』、意外と面白かった。
LEEっていう雑誌の連載をまとめたものらしい。
さまざまに活躍する人たちの仕事場におじゃまして、対談する&仕事場の間取りの紹介みたいなかんじ。イラストがかわいいし、訪問先もイイダ傘店やミナペルホネンとか、いかにもなおしゃれギョーカイ人から細野晴臣や舟越桂といったゲージュツ界の人など興味深い人選(糸井重里は、別にキョーミないが)。
菊池亜希子っていう人、知らない人は知らないくらいの知名度だろうが、女優というよりモデルとしてファッション雑誌で見る機会が多い。ナチュラル系の雑誌でよく見かける。
訪問する際のコーディネートとおみやげ品もなかなか参考になる。
むかし、オリーブ読んでた人なら好きな類の本だと思う。
とりあえず、もう一回読み返したい。
いま読んでいる本。



中身の本―衣食住の棚や箱 (天然生活ブックス)』、服がタンスに収まりきらなくなっているので、参考にしようと思って。
さいきん読んだ本。



スニーカー女子のスタイルブック
何でもかんでも「女子」ってつけりゃいいのか?とか、自分くらいどっぷり中年でも女子と言いきって恥ずかしくないのか?とか、そんなこたぁこの際忘れちゃって、まぁ普通にスタイルブックとしておもしろかった。私このみ☆彡
だが、いかんせん通勤スタイルでないってのが問題。そもそも、スニーカーありきだしな。
そういうわけで、毎朝ワードローブパニックのままちぐはぐな服で出勤する悪循環はあいかわらず。
最近よんだ本。



日本の「かわいい」図鑑』、なかなか面白かった。
ファンシーグッズっていう括りだと、個人的にはキティちゃんやパティ&ジミーが席巻した70年代後期のサンリオ系と内藤ルネ、田村セツコ、水森亜土が私の中ではどストライク。
でも、この本はファンシーの許容範囲がもっと広くて竹久夢二やら中原淳一あたりまで入ってきてるので、なんかちょっと違うなぁって気もした。

ついでに。
私が大事にしてるファンシーグッズ、その1。



見ての通り水森亜土グッズ、これは貯金箱でサンリオ時代のもの。
つづいて、その2。



王道、内藤ルネのパンダ貯金箱。
ルネっていえば、やっぱりパンダでしょ!
「あらま、私こんな本持ってたんだ!」ってやつ。
PCが立ち上がるまでの時間や、寝る前に1ページくらい読んでるのよ、さいきん。
読むっていうより、単語帳みたいに使ってるといえばよいのか?



Hi Hi PUFFY Englishは、「アジアの純真」とか「これが私の生きる道」なんてのを歌ってたパフィーの英語本。
でもなぁ、これ実はあんまり使えないっぽい本。ちゃんとした場では活用できなそ。
たとえば「ちくしょー」⇒「Darn it!」だとか、「やる気満々」⇒「gung ho」みたいなかんじで、こりゃあビジネス英語ではないわな。
ハリウッド映画を字幕なしでみたい!なんていう野望を持ってる人なら、こういうワードも覚えてて損はないでしょうが。
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[08/22 おやかた]
[07/25 おやかた]
[04/02 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]