忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1332] [1331] [1330] [1329] [1328] [1327] [1326] [1325] [1324] [1323] [1322]
きのう、ひっさびさに「麗しのサブリナ」をみた。
当時のファッションアイコン、オードリー・ヘプバーン。
それに、大御所ハンフリー・ボガートというアクの強い素材をビリー・ワイルダー監督がどう料理したのか。

<感想など>
〇オードリーの役どころは、大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナ。
ララビー家の御曹司、クソ真面目な長男ライナスがボギー、女ったらしのろくでなし次男ディビッドをウィリアム・ホールデンが演じる。
〇サブリナはララビー家次男にZOKKON命(シブがき隊世代です、はい・・・)でも彼の方はアウト・オブ眼中で相手にされず、失意のままパリに料理留学(留学先はたしか、ル・コルドン・ブルー)。
しかし帰国後、見違えるほど洗練されたレディーに変身したサブリナにララビー家の御曹司たちも態度が一変し・・・。
〇「あれ?」って思うほどストーリー、つまらなかった。前見たときはそれなりに面白いと思ってみたんだけどなぁ。
〇サブリナが熱を上げるディビッドの動向、パーディーの様子見たさに木に登って凝視するシーンなどはオードリーの容姿だからすーっと見られるけど、普通に考えたら単なるストーカー。ヤバイ奴の行動でしかない。
〇ビリー・ワイルダー監督作品は脚本が秀逸。一番好きなのは「アパートの鍵貸します」かな。
〇劇中のサブリナパンツもさることながら、内容云々よりやはりファッションに目がいってしまう。
〇「内臓全部入ってんのか?」心配になるほどのオードリーのウエストの細さにも改めてびっくりする。
〇今更いうのもなんだが、この映画ではボギーの良さがあんまり出てない。ボギーの傍にはクール・ビューティーな女優の方がハマると気づかされた。オードリーとボギーってミスマッチ。
〇その昔、雑誌「オリーブ」を読んでたものとしては必見の映画だったが、いまは特別なオードリーファンでもなんでもないので可もなく不可もないって感想。
〇オードリー出演映画の中ではスリルあるもの、「シャレード」や「暗くなるまで待って」の方をおススメしたい。
〇ずっと忘れてたけど、私ウィリアム・ホールデン好きだったんだよな!!
どれくらい好きだったかっていうと「第十七捕虜収容所」(あ、これもビリー・ワイルダー監督作品)っていう映画のビデオテープ買っちゃうほど好きだった。この人、他には「慕情」って映画もよかった。
ちなみにこの「麗しのサブリナ」撮影中はオードリーといいかんじだったらしいと私の持ってる編み物の本に書いてた。

オススメ度:★★☆(2.5/5)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3
5 6 9 10 11
12 13 16 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]