忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
訃報。
男女2人組のロクセット、女性の方が亡くなったという。
 スウェーデンの男女ポップスデュオ「ロクセット」のマリー・フレデリクソンさんが9日に亡くなった。61歳だった。2002年に脳腫瘍(しゅよう)を患い、長年闘病を続けていたという。
 1958年生まれ。84年にソロデビューし、国内で成功を収めた後、86年にペール・ゲッスルさんとロクセットを結成して海外に進出。アルバム「ルック・シャープ!」に収録された「ザ・ルック」が米シングルチャートで1位を記録し、映画「プリティ・ウーマン」の挿入歌となった「イット・マスト・ハブ・ビーン・ラブ」など、次々にヒット作を生み出した。日本でも95年に初来日公演をするなど人気があった。
 マネジメント会社の発表によると、脳腫瘍の治療後、ツアーに復帰して精力的に活動していたが、06年には健康管理に専念するよう医師の助言を受けていたという。
<12/10(火) 22:16 朝日新聞デジタル>
随分前から闘病中であるというニュースは耳にしていたが、まだあまりに若く、残念。



♪It must have been love

彼らのヒット曲、多くはアップテンポなロックナンバーだけど、しっとりとしたこの曲が1番好き。映画「プリティ・ウーマン」の中でも印象的なシーンで使われてたっけ。

それにしても、あまりにも若すぎて言葉にならないくらい。
ショックだ。
合掌。
PR
弘前城を間近で見るのは久しぶりのこと。



上の方にも上ってみたけど、スカートでお越しの方は後方気を付けたほうがよい。
階段が急で、パンツ丸見えになりそう。



つくづく思ったがお城ってどこもそうだけど、バリアフリー化は難しそう。
足腰丈夫なうちに、いろんなとこ歩いてみておきたいものだな。



ここへきて思った。
紅葉がきれいだと感じるようになったのは、一体いつからだろうか、と。



両親を連れて八幡平にドライブに行ったときは、親に紅葉をみせたかったからで、その実、自分はそれを特別なものとあまり感じてなかった。



ま、そんなことはどうでもいいか。
とにもかくにも岩木山、ありがとさん。
11月2日秋深い土曜日、彼と弘前におでかけ。
菊人形を見てきた。



今回もまた、菊人形のノスタルジックな世界観を満喫してきた。



写真、右のへの字口の方は前回来た時もお見かけした。
と、思ったらこっちの方も。



顔に覚えあり!

ふと思ったが、懐かしい気分になったのはおそらく、ここにいる菊人形の面々が、昭和のデパートでよく見かけたマネキン人形を彷彿させるからだろうな。

参考:前回、訪問した時の菊人形&弘前公園→コチラ
人生で初めて使う、じわる。って、こういうこと?

コフト顆粒のCMの外国人男性、いまになって、私の心の55%を占めるくらい気になっている。
「キク(効く)」というキーフレーズ、あの髪型、あのポージング、あの笑顔。
去年なんとも思ってなかったのに、なぜか急に・・・。

じわる。
ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演の映画「マリー・アントワネット」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マリー・アントワネット [ キルスティン・ダンスト ]
価格:3571円(税込、送料無料) (2019/11/20時点)

楽天で購入



<感想など>
〇この映画が公開当時にわたしが購入してた雑誌、ELLEでも大々的に取り上げてたのを覚えてる。
確かにおしゃれでPOPな映画。まず、絢爛豪華なファッションに目を奪われる。
〇色彩感覚は監督のソフィア・コッポラのセンスなのか。日本で言えば、蜷川実花の映画に近い。
〇ただ、イメージしてた内容とはかなり違ってた。
お世継ぎとか、セックスレスに苦悩する姿に重きがあって、フランス革命のなんやかんやは割と薄め。
よく知られてる贅沢三昧の悪女の姿はこのストーリーの中では鳴りを潜めている。
〇んー・・・マリー・アントワネット役がキルスティン・ダンストって、どうなんだろ?
〇往年のファッションアイコン、マリアンヌ・フェイスフルが出演してる。
〇これ、ヴェルサイユ宮殿で撮影したとか。
カルロス・ゴーンも日産の金でここで挙式したのか・・・と、どうでもいい雑念がときどき邪魔した。ちなみに、その挙式費用は推定75億円。
いや、ほんと、どうでもいい話だが。

オススメ度:★★☆(2.5/5)
石原慎太郎原作の映画、「太陽の季節」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太陽の季節 HDリマスター版/長門裕之[DVD]【返品種別A】
価格:1782円(税込、送料別) (2019/11/19時点)

楽天で購入



<感想など>
〇自分の親世代(現在70~80代)の青春映画。
とはいえ、同じ頃流行っていた石坂洋二郎原作のさわやかな青春映画とは一括りにできない。どこか異質。
〇全体的に昔のフランス映画みたいにおしゃれでかっこよいけど、内容的には大映ドラマっぽいしょっぱさを感じる。
〇葉山でヨット遊び、夜はダンスクラブでナンパ、飲んだくれて喧嘩に明け暮れて自由に恋愛を楽しむ・・・なんて、令和の世の中ではちょっと異次元の話。
当時はこういうの(「太陽族」だっけ?)が、さぞかしセンセーショナルだったんだろうと思うんだが、片田舎で暮らすうちの母などは、どんな目で見てたんだろう?
〇原作者の石原慎太郎がカメオ出演。
〇石原裕次郎のデビュー作。チョイ役なのにやはり目を引く。
〇主演の長門裕之、笑ってしまいそうなほど桑田佳祐に見える・・・。
〇相手役の南田洋子がまばゆいくらい美しい。
南田洋子のお嬢様ファッションが洗練されててステキ。この映画1番の見どころかもしれん。

オススメ度:★★(2/5)
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[12/10 親方]
[11/05 おやかた]
[10/23 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]