忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
ティム・バートン監督の映画、「ビッグ・アイズ」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビッグ・アイズ 【DVD】
価格:3776円(税込、送料別) (2019/4/9時点)

楽天で購入



<感想など>
○一度見たら忘れられない、暗さの中にある強い目ヂカラ。今みても魅力的な絵画「ビッグ・アイズ」。
絵の存在は知っていたものの、これがまさかのゴーストライター作という実話。
○口が上手い男と自信がない女の図式。
男はいいように女を利用し、女は逆らえずにズルズルと関係が続く。それでも上手くいってるときはよいが、一度歯車が狂うと取り返しつかない。最終的には裁判沙汰。
○マーガレットがあまりにもグズグズしているのは見てて辛いし、イラついた。
子どものために、もっと早く行動起こして欲しかった。
○実際のところはどこまでが脚色なのかわからないが、ティム・バートン得意とする素っ頓狂な演出も控えて史実そのまま映画に残したかんじがする。
○もし邦画で似たような作品撮るなら、タイトルはずばり「佐村河内」だ。
佐村河内守、髪を切ってグラサン外した姿って意外にもおすぎ似。ピーコではなく、おすぎの方に似てたという衝撃。あれを映画にできないだろうか。

オススメ度:★★★☆(3.5/5)
PR
すこし前になるが、角田光代原作の映画「八日目の蝉」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

八日目の蝉 スタンダード版 [ 井上真央 ]
価格:3472円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)

楽天で購入

<感想など>
〇いつか終わりが来ることを知りつつも、誘拐した子を我が子のように愛情込めて接するきわこ。幼少時代に誘拐され、実両親とぎくしゃくしたまま育ってしまった恵里菜。
〇それぞれが不倫相手との子どもを身ごもってしまうという、なんだかなぁ・・・って話。
本来ならドロドロする素材も演者が小ぎれいだから?ちょっとせつなくホロリとさせられた。
〇この作品に登場する男があまりにもクズすぎる。
〇心を閉ざしたかのように、どこか他人と交わることを避けるように生きる井上真央の目を見て、ずいぶん前の夏休みに見たTBSドラマ「キッズウォー」を思い出し懐かしくなってしまった。
〇変な呼び名つけたりして、謎の施設のモデルはオウム真理教?と。
この施設で着てる服だけはかわいいと思った。
〇恵里菜の過去にグイグイ入り込もうとするライター(志望?)役の小池栄子、彼女を使いたいと思う監督が多いのも納得の存在感だった。
〇母性ってなんだろう?って考えさせられた。子どもいないが。
〇単純におもしろかった。本がいいんだろう、この映画は。
出演者も嫌味ないキャスティングで良かった。

オススメ度:★★★★(4/5)
2回目の大仙は彼と先月土曜日のランチタイムに来訪。
(参考:1回目→コチラ)
ホワイトボードのランチメニューから、豚肉のとろ旨ラーメン(・・・だったか?)のセットをオーダー。



780円也。
飲み物はコーヒーまたはウーロン茶で、ウーロン茶を。
ラーメン具だくさん。いうほどとろみは無く、それでもまぁまぁおいしかった。
ちなみに、彼は(またしても!)ラーメンとチャーハンのセットを食べてたけど、チャーハンがべちゃっとしてイマイチだったとか。
ほかのメニューも手ごろだし、私は気に入ってる店なんだけどなぁ・・・。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村
コチラ
きょう金曜日、父のCT検査の帰りに八戸市田向にあるイオン内のまるまつにてランチをいただいた。
残念なことに、楽しみにしてた平日ランチがもうなかった。
「やめちゃったんだ・・・」
と諦め、寿司・天ざるの税抜き998円のセットを注文した。



ほどなくして、女性店員さんがそそくさと私たちの座席を除いたテーブル全席に1枚のメニュー表を配り始めた。
気になって後で別のテーブルのその1枚メニューをちらっと見る。
「がーん・・・・・。」
平日ランチが書いてあった。
見ると、私たちの食べたメニューの寿司がちょい少なめでお得なセット(300円も安い)が書いてあった。道理で私たちの席を避けてメニュー渡すはずだわ。
きっと前日取り除いてそのままランチメニュー配るの忘れてたんだろうね。

この店舗、いつ行っても空いてて入りやすいんだが、その割にオーダー間違えられたり、料理がなかなか運ばれてこなかったり、ちょっとがっかりさせられることが多い。

なんとなくモヤモヤした気持ちのまま、午後から仕事場に向かった。
新年度早々使った有給半日、頭の中はいまだにまんまんまるまつの歌がリフレインしている。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村
いつも素通りしてた六戸町のひまわり亭ではじめてのランチをいただく。
場所は三沢市と十和田市の間、三本木農業高校のある通り沿いにあって比較的分かりやすい位置。
駐車場も安心の広さ。
店はカウンターとテーブル席が何個かあり、気軽に入れる食堂って雰囲気。
券売機の前でラーメンにしようか散々迷って、この日はカツカレーに決定。



650円也。
私にとっては、カツにカレーがかかってないってのがポイント高い。
量はふつう。男の人には少なめかな。
カツカレーなのにカレーに具がいっぱいはいってて、ビーフ肉もごろんごろん。
カレーは程よい辛さ。おいしかった。
ちなみに、以前はお惣菜の販売コーナーもあったようだが、もうなかった。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

ヒッチコック監督の「裏窓」、これはもう2~3回は観てる作品なんだが改めて見直してみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

裏窓 [ グレース・ケリー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

楽天で購入



<感想など>
○ヒッチコック監督は女優撮るのが上手いって、改めて思い知らされた。
○この作品のグレース・ケリーは神々しい。
ウエストの細さ、陶器のような肌、しなやかな身のこなし・・・非の打ち所なし。
○グレース・ケリーにベタ惚れされるジェームス・スチュワートはほんと、役得だと思う。
○で、映画の中身。さすがにストーリーわかっててみてしまうと面白みは、半減。
いや、この映画って何がそんなにすごいのかってことすらもう見失ってしまうほど。
○終盤に犯人が迫り来る恐怖シーン、ちょっと待て!部屋の鍵閉めてないのかーい!?
○そもそも、住民たちよ!カーテン閉めてないのかーい!?

オススメ度:★★☆(2.5/5)
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]