忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
今月初めの日曜日、お昼ご飯を彼と八戸市の彩華にていただく。

メニューに店の名前のついた「彩華飯」というのがあったので、どんなものか店員さんに聞く。「ピリ辛の野菜餡かけご飯」だという。
それじゃあと、それをいただこうと決めた。



いや、これピリ辛どころの辛さではなかった!!!
ひと口めから涙と鼻が出た。口から火を吐きそうな刺激的な辛さだった。
旨いより先に辛い。何より辛さが勝ってて、私には少々辛い(つらい)メニューだった。
果たして、いつもこのレベルの辛さなのだろうか?
ちなみに、彼にもちょっとお裾分けしてあげたんだが辛すぎてもういらないと言われた。
完食はしたけど、胃が丈夫な人以外はあまりオススメできないなー、これは。



彼の頼んでたチャーハンは、ご飯ぱらぱらでおいしそうだった。
次行くことがあれば、そういう分かりやすいメニューを頼もうかな。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村


関連ランキング:中華料理 | 小中野駅陸奥湊駅本八戸駅

PR
十和田市を徘徊中に見つけたお店、いつか行ってみようと思っててやーっと念願叶う。
ネパール料理の「BIHANI」(ビハニ)、アーケード街からすこし入ったところにある。
カレーが中心のようだ。



チキンカレーをオーダーしてみた。シャバシャバ系。辛さは選べたけど無難にふつう辛。
カレーの量が少ないかなーと思いつつ、おかわりOKのナンを追加投入。
このカレーの量だったら、ナンは1.5個くらいでちょうど良いかな。



ディナーのセットメニューが気になった。
ランチもお得なセット、あればよいのにな。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村


関連ランキング:インド料理 | 十和田市

5月26日(日)、七百鉄道記念館に行ってみた。
こちら、まだ通常の一般公開はされてないようで、限定イベントだったらしい。
特別展示企画は、「三沢駅旧駅舎(白樺駅舎)建材展示」。
ときは令和と移り変わり、昭和のなつかしい風景はこんな形でしか見られなくなって来たんだなぁ...と、しみじみ。

七百

あんなに沢山撮ったのに、デジカメに残ってたの写真はなぜかこれだけ。ざんねん!!

学生時代は徒歩&チャリ通学だった私、憧れの先輩をつり革につかまりチラ見するシチュエーションを想像してみたり、縁も何もなくても古い電車を見るのってなんやかんや楽しいものだね。
5月、ランチタイムに彼と初めておじゃましたカフェレストラン茶居花
場所は八戸の中でも階上寄りの方で、車がないとなかなか行きづらいところ。
こちらの店舗では食事のみならず、パンも販売していたりするんだけど、パンの方は小中野ショッピングセンター内の売り場でも買うことができる。

さて、店の扉を開けて足を踏み入れると、この日が連休中ってこともあり、すでに先客が並んでいる。お腹を空かせた状態でしばし座席が空くのを待つことに・・・。

いざメニューをみる。
魅力的な日替わりランチ、AとBのセットどちらを選ぶか二択で悩む。
さんざん迷った挙句、パスタにサラダとスープ、デザート、それにドリンクまたはパンが選べるAセットの方を頼んでみた。
この日のメインはスモークサーモンとアスパラのトマトパスタ。

茶居花

トマトの酸味が食欲をそそる。おいしい!!
これだけでも結構なボリュームだった。
ちなみに、彼はBランチのチキンブロシェット(串焼き)スパイシー風味を選択。
そっちのもうまそうだった。

AもBも共通のサラダとスープはこちら。

茶居花

自家製ドレッシングが新鮮な野菜の味を引き立てる。
ビシソワーズ、家ではほぼほぼ出てこないのでお目にかかれただけでも感激。

この時点で十分お腹いっぱいだ。
・・・そうはいっても、デザートは別腹。

茶居花

いくつかあるものの中から2つ選んで平らげる。しあわせな選択だった。

このランチ、18時ごろまでOKみたいなので、タイミング悪くランチ食べ損ねたときにも利用できそう。ただし、店の休日もあるらしいのでそこは確認が必要。
デートで行ってもよし、家族連れでも女子会ランチにも雰囲気いいかんじ。
終始しあわせ気分を味わえた。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村


関連ランキング:レストラン(その他) | 白銀駅陸奥湊駅小中野駅

VHSテープで販売していたのを買っちゃうほど好きだった映画「愛と青春の旅立ち」。
TVで放送していたのをなんとなく見てしまった。



<感想など>
〇主演のザックは若きリチャード・ギアが扮する。改めてみてもこの人、やっぱりかっこよかった。
後年、忠犬ハチ公のハリウッド版に出演するなんぞ、このときは夢にも思わなかった。
〇町工場勤務の女、ザックと恋に落ちるポーラ役はデブラ・ウィンガーだ。
この人ものちに「デブラ・ウィンがーを探して」なんて映画で探されるとはね。
ただ、この時代のデブラ・ウィンガーってなんだかキラキラしてたのは確か。
シャーリー・マクレーンと共演した「愛と追憶の日々」もよかった。
〇絵にかいたような鬼軍曹、フォーリー役の人はこの作品でアカデミー最優秀助演男優賞獲ってるはず。
〇なんといっても主題歌がよい。ジョー・コッカーの声って独特なんだよね。
で、当時NHKの「レッツゴーヤング」って歌番組でアイドルたちがこの曲を日本語でデュエットしてるのをみる度、残念な気持ちになったのを覚えてる。
だって、ジョー・コッカーを田原俊彦が歌うなんて、どうかしてるぜNHK(そうはいっても私、トシちゃんファンだったけどな・・・黒歴史)!
〇今回この映画見て愕然としたのは恋も友情も、ストーリーがわりと陳腐というか。
自分が小学生ではじめて見て感動したのと、いま四十過ぎて見るのではあまりにも感性が違いすぎて、そのことに気づいたのがショックだった。
〇こんな汚れちまった私であるが、ただラストシーンはやっぱり泣けた。
あれは、お姫様だっこの完成形だ。

オススメ度:★★★(3/5)
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[07/25 おやかた]
[04/02 親方]
[04/02 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]