忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
きょう金曜日、父のCT検査の帰りに八戸市田向にあるイオン内のまるまつにてランチをいただいた。
残念なことに、楽しみにしてた平日ランチがもうなかった。
「やめちゃったんだ・・・」
と諦め、寿司・天ざるの税抜き998円のセットを注文した。



ほどなくして、女性店員さんがそそくさと私たちの座席を除いたテーブル全席に1枚のメニュー表を配り始めた。
気になって後で別のテーブルのその1枚メニューをちらっと見る。
「がーん・・・・・。」
平日ランチが書いてあった。
見ると、私たちの食べたメニューの寿司がちょい少なめでお得なセット(300円も安い)が書いてあった。道理で私たちの席を避けてメニュー渡すはずだわ。
きっと前日取り除いてそのままランチメニュー配るの忘れてたんだろうね。

この店舗、いつ行っても空いてて入りやすいんだが、その割にオーダー間違えられたり、料理がなかなか運ばれてこなかったり、ちょっとがっかりさせられることが多い。

なんとなくモヤモヤした気持ちのまま、午後から仕事場に向かった。
新年度早々使った有給半日、頭の中はいまだにまんまんまるまつの歌がリフレインしている。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村
PR
いつも素通りしてた六戸町のひまわり亭ではじめてのランチをいただく。
場所は三沢市と十和田市の間、三本木農業高校のある通り沿いにあって比較的分かりやすい位置。
駐車場も安心の広さ。
店はカウンターとテーブル席が何個かあり、気軽に入れる食堂って雰囲気。
券売機の前でラーメンにしようか散々迷って、この日はカツカレーに決定。



650円也。
私にとっては、カツにカレーがかかってないってのがポイント高い。
量はふつう。男の人には少なめかな。
カツカレーなのにカレーに具がいっぱいはいってて、ビーフ肉もごろんごろん。
カレーは程よい辛さ。おいしかった。
ちなみに、以前はお惣菜の販売コーナーもあったようだが、もうなかった。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

ヒッチコック監督の「裏窓」、これはもう2~3回は観てる作品なんだが改めて見直してみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

裏窓 [ グレース・ケリー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

楽天で購入



<感想など>
○ヒッチコック監督は女優撮るのが上手いって、改めて思い知らされた。
○この作品のグレース・ケリーは神々しい。
ウエストの細さ、陶器のような肌、しなやかな身のこなし・・・非の打ち所なし。
○グレース・ケリーにベタ惚れされるジェームス・スチュワートはほんと、役得だと思う。
○で、映画の中身。さすがにストーリーわかっててみてしまうと面白みは、半減。
いや、この映画って何がそんなにすごいのかってことすらもう見失ってしまうほど。
○終盤に犯人が迫り来る恐怖シーン、ちょっと待て!部屋の鍵閉めてないのかーい!?
○そもそも、住民たちよ!カーテン閉めてないのかーい!?

オススメ度:★★☆(2.5/5)
いつぞやのランチは彼と、十和田市の焼肉冷麺ひびきへ。
「あぁ、また焼肉なのか・・・」と思いつつ、店の外からも漂う焼肉のかほりに心奪われ、あっさりと入店。



1,200円のセット(味噌ダレの)。スープ、ライス、キムチもついてきた。
肉はまぁまぁか。その他メニュー、全体的に値段設定ちょっと高めかなー。
場所がわかりやすいってのと、駐車場が広いってのはポイント高いが。

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村
八戸市の三嶋神社にて。



ここは針生検が終わった翌日、自分が癌ではないかと不安な気持ちのまま訪れた場所。
早速、おみくじをひいてみたら大吉。


疑いながらでも拝め。拝む内に分かって来る。ラジオの電波の様に、目に見えず、手にはとれぬが、神様は厳としてそこにおわします。其御光が、其御いずが、拝む人の心の琴にはひびいて来る。さし込んで来る。神様のおかげは、拝む人の身体に集まって来る。

と書いてあった。
神様なんていないと思う私の心を見透かされたようだが、その言葉に救われたような気もした。
しかも、「病気」の欄には「信神すれば治る」とあった。



結果的に癌ではなかったが、これからも疑いつつも拝んでみることにする。

若きポール・ニューマン主演の映画、「傷だらけの栄光」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【アウトレット品】傷だらけの栄光【洋画ドラマ】
価格:4104円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

楽天で購入



<感想など>
○札付きの不良青年がボクシングと出会い、家庭を持つことによって改心し、チャンピオンになるって目標を見出す。かつてのワル仲間からのあらゆる誘惑や妨害に苦悶しながらも奮闘するって話。
○まぁ、ストーリーが予定調和。
思ったとおりの着地点に収まってる。見た後モヤモヤしないってのが、いいんだか悪いんだか。
○この映画監督がロバート・ワイズだと気づいた時点で期待値高騰しすぎた。悪くはないが、「サウンド・オブ・ミュージック」や「ウエストサイド物語」で見せた程のドラマはない。
○とはいえ、手腕は確か。たとえば、幼児虐待シーンだけで家庭環境について充分伝わってくる。
そのほか、無駄な説明なく結婚やら出産やらもびっくりするくらいのテンポでストーリーが展開する。そのリズム感は見てて心地よかった。
○この主演、ジェームス・ディーンが演じる予定だった(!)と。
車の事故で急死したため、ポール・ニューマンがその代役だと。
○そのポール・ニューマン、この作品見てもなんだかのっぺりしてて面白みがない。
○この頃のニューマン、マーロン・ブランドに似てる。
ブランドにもボクサー役で「波止場」っていう名作がある。当時、二者が比較されてたのも、なるほどわかる。
○ペリー・コモが甘くおおらかに唄いあげる主題歌はいかにも50年代っぽい雰囲気。
○どうでもいい話だがロッキーが母親に、今でいう「あごクイ」するシーンがあった。日本人ではこういうしぐさ、無理だな。
○度々登場するんで、ついついコーラフロートが飲みたくなった。
そうそう、ボクサー役なのに減量シーンなど一切なし。飲食自由のふしぎ。
○のちに主人公と結ばれるノーマ、粗野でぶっきらぼうな主人公のどこに惹かれたのかまったく不明。ストーカーっぽい行動も理解しがたい。
○だがこの嫁、終盤ではスポーツ選手の嫁として引退後の視野まで持った発言をする場面あり。
いつの間にか肝っ玉が据わってるんで驚く。
清原(元西武)、伊良部(元ロッテ)、高野(元ヤクルト)、奥(元横浜マリノス)・・・、スポーツ選手の引退後の姿をいろいろ思い出してしまった。
この映画の肝って、栄光のシーンではなく何気ない嫁のセリフにあったのか。

オススメ度:★★☆(2.5/5)
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 3 4 6
11 13
14 15 16 17 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]