忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
三沢市の三陸温泉。お初です。



お隣のドライブイン、この日は締まってたが温泉の方は地元客でそこそこの賑わい。
最近では券売機形式の温泉に慣れっこだったので、入浴料を直接生身の人間に支払うのって、なんだかドキドキ。
ちなみに、料金は250円。安っ!



さすが、相撲王国青森県。
(写真右から)ハンサム力士だった寺尾、小錦、千代の富士・・・と思しき色紙。



丁度テレビでは相撲中継
といいたいとこだが、お客さんのひとり、外人さんが観戦中なのはグラチャンバレーである。



ここ三陸温泉、今年もスパロトに参加してるみたいだが私はパス。
で、ことしのパンフは手元にないんだけど、去年とおととしのこちらの温泉、説明が秀逸。

浴室の温度が高めで、風呂だけの変わったところのない温泉です。
・・・襟裳の春は何もない春ですみたいな謙虚さ。
いや、確かに熱かった。そして、なんだかしょっぱい。
湯量は豊富だが湯質はフツー。だから、この説明の通り、ウソ偽りなく特に変わったところなし。
気になったのは男湯と女湯を仕切ってる岩の高さが少々低め。
サウナとか、電気ぐわんぐわんとか、そういう変わった設備投資は一切なし。
しいて言えば、打たせ湯があるくらい。
だので、なにはなくても熱い湯にゆったり浸かりたいってときは、ここの温泉思い出すことにする。



PR
ことしの夏、ネーミングに惹かれて立ち寄った 音次郎温泉
入口はこんなかんじで、中華料理のお店っぽくもみえる。



中に入るとマッサージチェアの配置が電車の座席風に整列されてたり、壁には津軽鉄道のパネルが飾ってあったり。
なんだろう?この雰囲気は。



・・・と、思ってたら浴室の壁に津軽鉄道。
 


これ、芦野公園かしら?紙芝居の絵のよう。
で、温泉はといえば

 

塩化物温泉(低張性弱アルカリ性温泉) 。うっすら茶がかってる。
効能などはすっかり忘れたもんで、ネット検索してみたらちゃんとしたHPがあったんで詳しくはそちらへどうぞ(→そちら)。

浴室内の湯船は2つ。熱めのとぬるめのと。
サウナもあった。水風呂のスペースもあったな。
特筆すべきは、露天風呂。



いや、露天風呂というよか、これは風除室内の風呂!
そんでもって、外壁にテレビがついてある。意外と快適。

 

宿泊もできるみたいだよん♪

とうとう来ちゃった!十和田市のゆーゆーランド
外観からして、いい味でまくり~である。

ゆーゆーランド

入浴料は390円。
券売機で買った券を受付に差し出すと、”50円割引クーポン”ってのをもらった。
が、いまにも紛失しそうな気配絶大なんで、すぐさま使い切ってしまいたいくらいだった。
ぐっとこらえたけど。

ゆーゆーランド

中央にはでんっ!と湯船があるつくり。

ゆーゆーランド

その湯船を中央に浴室をぐるりんと囲んだカランも十分な数。
この写真↑奥にちょっとだけ見える、寝湯がサイコーに居心地よかった。

ゆーゆーランド

ジェットバスや超音波湯、電気風呂、サウナなどなど”ザ・健康ランド”な設備もばっちり。
お湯に特徴がない銭湯だったから、尚のこと漢方薬湯のとこは異質なかんじ。
この独特の濃ゆい湯質に妙にハマってしまった。わたし、肌弱いんで。

サウナも含めて全体的に温度設定が低め。熱いお湯が好きな人には物足りないかもしれないけど、ぬるいお湯に包まれてまったりしたい人にはおすすめ。
ちょいと前の話なんだが浅虫の道の駅、ゆーさ浅虫に行ってみた。

ゆーさ浅虫

ここの5Fに展望浴場がある。「はだか湯」っていう名前らしいけど、そう呼ばれてるのはあんまり聞かない。

入浴料350円。浅虫の日帰り温泉の中でも格段に安いので、お客さんが多いのも納得。
お風呂はぬるめと熱めの湯船があるのみ。お湯は肌によさげなかんじの泉質。
カランとカランが近くて、いつもの温泉以上にお隣さんに気を使わなければならないってとこが難点かな。

ゆーさ浅虫

でも、日々の喧騒からワープして、温泉に浸かりながらぼんやりと陸奥湾の夕暮れを堪能するってのはたまらんなぁ!!
前々から気になってた七百温泉ってとこに行ってみたら、なにやらチェーンが張られてて・・・
どうやら廃業っぽい。
行く先を急きょ変え、六戸方面へノープランで向かう。
少し行けば宝温泉(・・・ここもやってるのか微妙!)、六戸ヘルスセンター、モリランドだってあるし。
で、今回はここにしといた。

六戸温泉

じゃーん☆六戸温泉。渋いね!
入浴料は250円也。個人的には久しぶりの、券売機ではなく番頭さんに小銭渡すスタイル。

脱衣所に入ると、湯上りのご婦人が不安げな表情でウロウロ。
あとで判明したが、脱衣かごごと持ち物衣類全部盗まれた(!)らしい。ひどい話だ。
よく「車上荒らし、注意」なんて張り紙を見かけるんだが、実際そういう現場を目の当たりにしたことはない。
ずいぶんと物騒な世の中になったもんだと気づく@六戸町2013。

最初に難癖つけると、蛇口の頭を押すと脇からジャージャー湯・水がはみ出て飛び散ってくるのと、心許ない勢いのシャワーが残念。
それ以外はまぁまぁ。
お湯はナトリウム-塩化物泉で、私の肌質にはちょうど良い。なんつったって、ガッサガサのかかとを軽石でこすって、ここの温泉に浸ること数分で症状はだいぶ改善されたからびっくり(・・・ボディショップの軽石&無印良品のホホバオイル使用)。

サウナはなくて、打たせ湯、かけ湯、中央にでんっと湯船2つ(熱い湯とものすごく熱い湯)、奥に小さな三角コーナーのぬるーい湯(というかほぼ水風呂)アリ。
普段は水風呂なんてノーサンキューなんだが、メインの湯が熱いんで、今回ばかしはなつかしの「熱湯風呂コマーシャル」風に水風呂を利用させてもらった。

なんやかんや、客をちょいと不安にさせる盗難事件などもあったがなかなかいい湯であった。

宝ではなく、「タカラ」。

タカラの湯

なんとなく惹かれて立ち寄った、野辺地の温泉『タカラの湯』。
お初でやんす。

タカラの湯

他の人のブログみると300円って書いてあったが、私の記憶だと入浴料は350円だったかしら。
ぬるぬるでも色付きでもなく、泉質(=アルカリ性単純温泉)はフツー・・・って言ったら失礼!?
夕方の時刻、お客さんもいっぱいで地域の住民に愛されてる感は十分に伝わってきたよん。

勢いに流されそうになるジェットバス、燻製にされるのか!?と思うほどに熱すぎるスチームサウナ(地元客も脱衣所で「あれはさすがに、熱すぎる!」談アリ)などコンパクトなスペースながら印象深いひとときを過ごせた。
※ちなみに、スチームサウナは位置を低く保ち・・・つまりトド寝してれば熱をまともに受けないで済んだよ。

時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 3 4 6
11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]