忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
薬師丸ひろ子主演の映画、「Wの悲劇」を久しぶりにみた。

<感想など>
○この当時の薬師丸ひろ子の声、セリフの言い回しが独特でキライだった。
ラブシーンも中途半端。良くも悪くもアイドル的だと思う。
どの映画を見ても同じような演技だが、不思議なことに勢いと言うかこの時代の空気とか存在感は充分。
○健気な元役者役、世良公則がカッコイイのであらゆることをすんなり許せてしまうんだろう・・・が、今で言えば完全にストーカー。自己紹介のシーンなど個人情報ダダ漏れで恐怖。
○三田佳子の大女優感。
この後なんやかんやで水野晴郎の「シベリア超特急」に出演することになるとは!!
○そのまんま、演出家役の蜷川幸雄。そういやこの人、もとは俳優だったっけ。
○今ではメガネの女優兼業農家、高木美保。改めてみると美人。
○印象的なレオタードにレッグウォーマー、昭和っぽいダンスレッスンのシーンはコントのようだ。
○「芸能界は汚いところ」っていうイメージをそのまま描いてる点は共感できる。
○ストーリーが少女漫画のようで楽しめる。全体的にはドロドロした内容なんだが、終わり方はさわやかでそこが救い。
○3回以上みて内容も分かった上、それでもまだ楽しめる作品。
なにより、この1本だけで薬師丸ひろ子が好きになった。

オススメ度:★★★(3/5)
PR
きのう、録画しといた日本映画「しゃべれどもしゃべれども」をみた。


<感想など>
〇TOKIOの国分太一扮するうだつの上がらない落語家・三つ葉が主人公。
〇ひょんなことから三つ葉が話し方教室の先生役になってしまう。
〇気の進まない三つ葉の思いとは裏腹に、教室には口下手でぶっきらぼうな十河(香里奈)、解説下手な野球解説者の湯河原(松重豊)、一見天真爛漫だが転校先のクラスに馴染めずにいる少年村林が集まることに。
〇一門の会で師匠の十八番を披露することになった三つ葉。最初は緊張の面持ちだが、だんだんに乗ってくる様子が見て取れる。この物語は三つ葉の成長記でもある。
〇しかし、圧巻は村林少年の「まんじゅうこわい」だ。
枝雀を手本にしたと思われる身振り手振りはあっぱれとしか言いようがない。天敵であるクラスのガキ大将がこらえきれず笑ってしまうシーンは完全に主人公を食っているわー。
〇世代や性別を超えた友情や絆の話で十分だと思うんだが、ちょいちょいロマンス絡めてくるのがいただけなかった。
〇賛否あるかもしれんが、演者はみなよかったと思う。
伊東四朗なんてもう、本物のベテラン落語家にしか見えなかったし。

オススメ度:★★★☆(3.5/5)
ニック・ノルティとエディ・マーフィー扮する刑事と囚人コンビが事件解決に向けてハチャメチャな捜査を繰り広げる痛快な映画、「48時間」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

48時間 ベストバリューDVDセット [ エディ・マーフィー ]
価格:1701円(税込、送料無料) (2019/4/13時点)

楽天で購入



<感想など>
○派手なカーアクション、拳銃での撃ち殺し、お下劣なセリフ満載のこの映画。
刑事と囚人コンビの丁々発止のやり取りが面白い。
○よくもまぁ、NHKBSは日中にこれを放送できたなぁと感心する。
よい子のみなさんには見せられないような内容だった。
○タイトルの48時間とは、囚人の仮釈放時間。
かといって、テレビの「24」シリーズのような時間に追い詰められるような緊迫感はさほどない。
○主演のニック・ノルティって、どことなく安っぽい俳優。風貌が、レスラーっぽい。
○ブレイク寸前、エディ・マーフィーが初々しい。
80年代初頭って、テレビの「サタデー・ナイト・ライブ」出身のコメディアンが映画界に台頭してきた時期。その勢いを感じた。この出演が後の「ビバリーヒルズ・コップ」に繋がったんだろうな。
○刑事がレジーと対面する場面、レジー役のエディ・マーフィーが監獄の中で口ずさむ曲が何だか気になって映画に集中できず。
後で思った。あれは、ポリスの♪ロクサーヌだ。たぶん。
○聞き込み捜査で入ったウエスタンバー(っていうのか?)にて、カウボーイっぽい出で立ちの客の掛け声「ヒーハー!!」って。ついブラマヨ小杉がダブってしまった。
○日本の風土に合わないような馬鹿でかい車が縦横無尽に登場。アメ車好きなら、是非見るべし!!

オススメ度:★★★☆(3.5/5)
ティム・バートン監督の映画、「ビッグ・アイズ」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビッグ・アイズ 【DVD】
価格:3776円(税込、送料別) (2019/4/9時点)

楽天で購入



<感想など>
○一度見たら忘れられない、暗さの中にある強い目ヂカラ。今みても魅力的な絵画「ビッグ・アイズ」。
絵の存在は知っていたものの、これがまさかのゴーストライター作という実話。
○口が上手い男と自信がない女の図式。
男はいいように女を利用し、女は逆らえずにズルズルと関係が続く。それでも上手くいってるときはよいが、一度歯車が狂うと取り返しつかない。最終的には裁判沙汰。
○マーガレットがあまりにもグズグズしているのは見てて辛いし、イラついた。
子どものために、もっと早く行動起こして欲しかった。
○実際のところはどこまでが脚色なのかわからないが、ティム・バートン得意とする素っ頓狂な演出も控えて史実そのまま映画に残したかんじがする。
○もし邦画で似たような作品撮るなら、タイトルはずばり「佐村河内」だ。
佐村河内守、髪を切ってグラサン外した姿って意外にもおすぎ似。ピーコではなく、おすぎの方に似てたという衝撃。あれを映画にできないだろうか。

オススメ度:★★★☆(3.5/5)
すこし前になるが、角田光代原作の映画「八日目の蝉」をみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

八日目の蝉 スタンダード版 [ 井上真央 ]
価格:3472円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)

楽天で購入

<感想など>
〇いつか終わりが来ることを知りつつも、誘拐した子を我が子のように愛情込めて接するきわこ。幼少時代に誘拐され、実両親とぎくしゃくしたまま育ってしまった恵里菜。
〇それぞれが不倫相手との子どもを身ごもってしまうという、なんだかなぁ・・・って話。
本来ならドロドロする素材も演者が小ぎれいだから?ちょっとせつなくホロリとさせられた。
〇この作品に登場する男があまりにもクズすぎる。
〇心を閉ざしたかのように、どこか他人と交わることを避けるように生きる井上真央の目を見て、ずいぶん前の夏休みに見たTBSドラマ「キッズウォー」を思い出し懐かしくなってしまった。
〇変な呼び名つけたりして、謎の施設のモデルはオウム真理教?と。
この施設で着てる服だけはかわいいと思った。
〇恵里菜の過去にグイグイ入り込もうとするライター(志望?)役の小池栄子、彼女を使いたいと思う監督が多いのも納得の存在感だった。
〇母性ってなんだろう?って考えさせられた。子どもいないが。
〇単純におもしろかった。本がいいんだろう、この映画は。
出演者も嫌味ないキャスティングで良かった。

オススメ度:★★★★(4/5)
ヒッチコック監督の「裏窓」、これはもう2~3回は観てる作品なんだが改めて見直してみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

裏窓 [ グレース・ケリー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

楽天で購入



<感想など>
○ヒッチコック監督は女優撮るのが上手いって、改めて思い知らされた。
○この作品のグレース・ケリーは神々しい。
ウエストの細さ、陶器のような肌、しなやかな身のこなし・・・非の打ち所なし。
○グレース・ケリーにベタ惚れされるジェームス・スチュワートはほんと、役得だと思う。
○で、映画の中身。さすがにストーリーわかっててみてしまうと面白みは、半減。
いや、この映画って何がそんなにすごいのかってことすらもう見失ってしまうほど。
○終盤に犯人が迫り来る恐怖シーン、ちょっと待て!部屋の鍵閉めてないのかーい!?
○そもそも、住民たちよ!カーテン閉めてないのかーい!?

オススメ度:★★☆(2.5/5)
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
5
6 8 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[10/04 おやかた]
[08/30 おやかた]
[08/27 おやかた]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]