忍者ブログ
マジで失業5秒前!青森・アラフォーOLの雑食ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
きのう、私の好きな映画のひとつでもある「小さな恋のメロディ」を見た。
久しぶりに見たら、感じ方がちょっと変わった。

<感想など>
○子ども映画と侮ることなかれ。
何回も見てると見方も年代により、それぞれ変わってきてると気づく。
○はじめてみたのは高校生のとき。ダニエルとメロディの淡い恋心を応援したいっていう同級生目線。
○20代後半、30代で見ると子どもたちの家庭環境、イギリス社会でいう労働者階級だとか差別的な社会の側面、闇の部分も垣間見えた。また、この映画の子どもたちVS教師や親などの大人たちの対立みたいな構図が感じとれる。ってここはもう、保育学科出身の目線。
○今回40代でみたら、ガキ大将オーンショー役、今は亡きジャック・ワイルドがせつなくてグッときた。単純に、近所のお節介ばばあ目線だ。
○オーンショーって家庭環境もよろしくない、素行が悪い、これはもう世の親たちや教師が最も毛嫌いするようなタイプ。だけど、新参者で引っ込み思案なマザコン、ダニエルを気にかけて仲間に迎え入れるなど心根は優しい奴。大人たちはそんな彼の話すらまともに聞こうとしない。
「誰か彼を抱きしめてあげてー!」と言いたくなった。
○自分が物心ついた80年代の日本社会において、TVCMなどでこの映画の影響力がそこはかとなく感じられた。既に映画が公開されてから10年以上過ぎていたというのに。
人々の心に深く刻まれた映画だったんだと思う。
○だが、後に知ることになるが本国イギリスやアメリカではこの映画、あまりヒットしてないって。
○つくづく思うが、登場する子どもたちのキャラクターが充実してる。
爆弾作りに情熱を燃やすメガネの少年、ガールズトークでキスについて語るおませな女の子など。
中でも、オーンショーとダンスを踊ることになるすきっ歯の女の子が特にナイスキャラ。
○女子の制服、あれは卑怯だ。スカートがやけに短い。でも、絶対的にかわいい。
○ストーリーと全く関係ないショットが嫌味なくふんだんに取り入れられてる。
当時のイギリスの日常、ファッションや街並み、人々の表情を見てるだけでも楽しい。
○授業終了のベルが鳴ったと同時に、校庭に向かって走り出す子どもたち、あの勢い!
あれは私が失ったもの。何も考えず無我夢中ってやつ。あの時代にしか感じることのない子どもたちのエネルギーに圧倒された。
○金魚を手に入れてうれしさいっぱいのメロディの姿が印象的なシーンで流れるビージーズの「メロディ・フェア」。どこにいても何をしててもこの曲が聞こえてくると、この映画を連想させる。パブロフの犬状態。
○ダニエル役を好演したマーク・レスター。最近のニュースが故マイケル・ジャクソンに精子を提供したとか、そういうのしか聞こえてこないのがちょっと寂しい。
○メロディ役、トレイシー・ハイドについてはなんとなく、なんとなくの予想だけど、今ではだいぶ巨大化してるような気がするので、あの当時の記憶をインプットしたままで最新版に更新しないほうが良いような・・・。

オススメ度:★★★★(4/5)
PR
ニクソン大統領失脚のきっかけとなるワシントンポストの記事が明るみに出るまでを描いた「大統領の陰謀」。
記者ふたりの奮闘を中心に、熱量が最初から最後まで失せることがないいい作品だった。


<感想など>
〇1970年初頭のアメリカ。
ウォーターゲート事件、ベトナム戦争、ニクソン大統領くらいまでならわかる。
だが、登場人物の名前や役職が行ったり来たり錯綜して、誰が誰やら迷子になりそうだった。
〇小道具が効いている。緊迫した空気の中でひたすら響くタイプライターの打音と古い電話の呼び鈴が印象的。
〇のちにウッドワードとコンビを組むことになる先輩記者・バーンスタイン役、ダスティン・ホフマンをはじめて格好いいと思った。
「噂の刑事 トミーとマツ」のトミーこと国広富之のようなヘアースタイルも似合ってた。あんな時代があったとは!!不思議新発見だわ。
〇ワシントンポストに来てから9か月。会社にはまだ実力を認められておらず、もがきながらもスクープを何としてでも記事にしようと疾走するウッドワード役、ロバート・レッドフォード。
脇汗かいてようが、この時代のロバート・レッドフォードは何してもハンサム。
〇ウッドワードが情報屋と単独で深夜の駐車場にて落ち合うシーン、夜道をひとり歩くシーンなどはホラー映画を見るより怖かった。
〇しかし何より、これが実話というから、まぁ恐ろしい話。

オススメ度:★★★★(4/5)
映画版の「深夜食堂」をみた。
期待通り、TVドラマの世界そのままだった。


<感想など>
〇深夜しか営業しない小料理屋「めしや」のマスターを小林薫が演じる。
作る料理すべてうまそうだが、今回は特に高岡早紀が食べるナポリタンにそそられた。
〇常連客がいつも通りの安定したお節介、客のなんやかんやに口を挟むのが楽しい。
ストリッパーにヤクザ、おまわりさん、実在する人物のように自然に存在してる。特にゲイバーのママがいい味出している。
〇無銭飲食を詫び、住み込みで働くことになったちはる役の多部未華子が地味な昭和っぽい顔なのでレトロな深夜食堂の空間に違和感なく溶け込んでいた。
〇東日本大震災で被害に遭いボランティアの優しさに触れ、独りよがりに結婚を申し込んでしまう男の話がせつなかった。演じる筒井道隆、相変わらず眉毛薄かった。
〇骨壺の話で登場する田中裕子だけひとり、コントか?と思うような素っ頓狂な演技。
そこだけ「ドリフ大爆笑」のもしものコーナーみたいでがっかり。

オススメ度:★★★☆(3.5/5)
きのう、園子温監督の「愛のむきだし」をみた。


<感想など>
○AAAの西島隆弘扮する牧師の息子、敬虔なクリスチャンとして育ったユウ。父から強要される毎日の懺悔のため盗撮を繰り返す中、満島ひかりが演じるヨーコという理想の女性と出会い、新興宗教に家族ごとさらわれるなど妨害に遭いながらも彼なりに純愛を貫こうとするって話。
○監督は園子温。
先日、心筋梗塞で救急搬送されたというニュースを耳にしたが、その後どういう状況かは知らない。
○ハチャメチャなストーリー。主役の西島が薄味で演じてるため、周りの芸達者な脇役陣がやけに引き立って見える不思議な映画だった。
○満島ひかりがキレイ。どんな場面でも汚く見えず、ぬかりなく美人。そこはユウの理想とするマリア様とダブらせる意味では成功してるんだろう。
○現在、NHKの朝ドラ「まんぷく」で主役の安藤サクラがそれとは180度真逆なヒール役を憎憎しいほど見事に演じきっている。
○盗撮場面をしつこいくらい丁寧に描いてるわり、最後の病院でのくだりがあっさり。
エンディングも微妙。
○長い。しんどい。
これ、テレビ東京の深夜枠ドラマだったらそれなりに面白い作品だと思うけど、映画としてみるに4時間ってつらい。映画の編集って作業は重要だと知らされる映画だ。

オススメ度:★★☆(2.5/5)
「金曜日の妻たちへ」っていうTBSの不倫ドラマ、パート2か3だったか忘れちゃったけど、森山良子がこの映画をとやかく言うシーンあったような・・・小林明子が主題歌歌ってたシリーズだったと思う。

この映画は、ずいぶん昔に見たことあったわ。
ロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープ共演の映画、「恋におちて」。
今回で見るのは2度目。
本屋のシーン、あれはよく覚えてる。
ただし、ラストがどうなったか?まったく記憶にない。




<感想など>
○結構、内容がトレンディ・ドラマ的。
この映画がのちの日本のドラマに与えた影響ってよっぽど大きいとみた。
○先日「ケープ・フィアー」をみたばかりなんで余計、デ・ニーロの役作り、恐ろしいまでの落差が不気味。あまりにも普通の人物フランクを演じてるデ・ニーロ、本当に気持ち悪い(いい意味で)。
○メリル・ストリープの頬骨みてると、いしだあゆみと被ってしまう。
きっと私「金妻」の方を先に見ちゃったからだろう。サブリミナル効果。
○家庭がありながらも気持ちを抑えられない男女。2人の距離が縮まっていく過程をみてるとなぜかわくわくした。これ、当たり前だが映画だからこそ。
実際にこんなふうに伴侶やら子らを置き去りに恋愛に走るふたり、外野から見れば歯軋りで歯が抜けて、しまいには歯茎こすれそうなレベル。
○本屋、電車、レストラン、クリスマスと印象的なシチュエーションや小道具を見事にはめ込んだ脚本が憎たらしい。
○21世紀の現在、偶然が重なりすぎるときは「結婚詐欺か?」と疑うのが身の為。
○でも、こういう恋愛映画ってさー、わたしゃ嫌いじゃないね(と、なぜか最後は浅香光代風に言ってみた)。

オススメ度:★★★(3/5)
マーティン・スコセッシ監督の「ケープ・フィアー」をみた。
この作品って、「恐怖の岬」っていうやつのリメイクらしい。


<感想など>
〇これは、ロバート・デ・ニーロまつりか。
スコセッシが野放しにしたんかい?やりたい放題。
キン肉マン消しゴム(R40)みたいなボディを「これでもかぁーっ!」ってくらい見せつけたかと思えば、その体には入れ墨でメッセージがびっしり。ストーカー的行動を起こすには自己主張強めなトロピカルシャツを着用など、途中からは恐怖心を追い越しデ・ニーロの一挙一動に釘付け。
〇とはいえ、最初からヤバさ100%のデ・ニーロに引っ張られたのは確か。大して劇的なストーリー展開があるわけでもないってのに、最後まで飽きることなく見られた。
〇肝心なクライマックスシーンが時折、円谷プロの特撮っぽい。
〇オリジナルの「恐怖の岬」に出演してたっていう、グレゴリー・ペックとロバート・ミッチャムが貫録のカメオ出演。
〇弁護士一家の娘役、ジュリエット・ルイスがあんな↑やりたい放題のデ・ニーロに引けを取らず堂々とした演技。思春期の揺れる感情を見事に表現してた。
当時は「なんでこの人、やたらと話題作に出れるんだろう?」と不思議だったが、今更謎が解けた。
〇弁護士の嫁役、ジェシカ・ラングって他に「郵便配達は二度ベルを鳴らす」くらいしか知らないが、この作品ではスタイリッシュなショートヘアが印象的。ただ髪型が素敵ってだけなんだけど。
〇ニック・ノルティ扮する弁護士にはあまり共感するとこはない。
〇恐怖心を煽るようなおどろおどろしい音。最初から最後までぶっ通しで、何やかんやうるさい。
〇この映画で一番怖かったのは、デ・ニーロがいないスカッシュのシーン。
何てことない、ただ、スカッシュやってるだけなんだけど。

オススメ度:★★★☆(3.5/5)
時計
プロフィール
HN:
帰宅部長
性別:
女性
自己紹介:
・着地点が見つからない会議とナメクジが苦手
・子どもの頃から「じぶんは結婚できないんじゃないか」という悪い予感が・・・今のところ的中!
・グミを飲み込むタイミングがいまだにわからない
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
最新コメント
[04/02 親方]
[04/02 親方]
[03/25 親方]
最新トラックバック
(02/03)
ブログ村
オススメ

■スクロール(旧ムトウ)

■東急百貨店

■タカシマヤ

■トリンプ&アモスタイル

■ザ・ボディショップ

■フォブコープ

■ユザワヤ

■ステラおばさんのクッキー

楽天
ショッピングカート
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 万年帰宅部 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]